音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

新曲「梅」初披露&観客巻き込み大玉転がし!エビ中体育祭

148

私立恵比寿中学が昨日11月11日にライブツアー「ウィンターデフスター極上ツアー2012-2013 ~KING OF GAKUGEEEEKAI of チュウ of LIFE~」の東京・Zepp Tokyo公演を行った。

今回のツアーは2013年1月16日に彼女たちの3rdシングルがリリースされることを記念して開催されるもの。この日は第1部「エビ中体育祭」と第2部「エビ中文化祭」の2部構成となっており、第1部「エビ中体育祭」はその名のとおり垂れ幕や玉入れの籠、跳び箱などが設置された体育祭らしいセットが用意され、メンバー9人はそれぞれの学年色をあしらったパーカーとスカートという衣装に身を包んで舞台に登場した。

ライブは、ステージにピッタリの運動会をテーマにした曲「もっと走れっ!!」から公演がスタート。続けて「えびぞりダイアモンド!!」「チャイム!」とパワフルな3曲を立て続けに披露した。最初のMCではおなじみの自己紹介に続き、メンバーそれぞれが今年の体育祭への意気込みを語る。安本彩花が「スポーツマンシップに則って、正々堂々楽しく歌って踊りたいと思います」と宣誓すると、続けて「ほぼブラジル」「ザ・ティッシュ~とまらない青春~」、そしてタオルを回しながらの「揚げろ!エビフライ」と盛り上がるナンバーでたたみかけた。

会場の熱気がどんどん高まる中、次のMCで体育祭ならではの企画が行われることが伝えられた。メンバーを中学4年生組の瑞季・真山りか、中学3年生組の杏野なつ・星名美怜・鈴木裕乃、中学2年生組の安本彩花・廣田あいか・松野莉奈・柏木ひなたの3チームに分け、ステージに設置してある玉入れの籠を用いて「玉入れ」で競い合うことに。1組4つずつ用意された玉をより多く入れたチームの勝ちという運動会の定番競技だが、玉入れの籠がかなり高い場所に設置してあったためかメンバー全員大苦戦。結局誰1人玉を入れることができず、この勝負は引き分けに終わった。

続いて「結果オーライ」「放課後ゲタ箱ロッケンロールMX」「仮契約のシンデレラ」の3曲を歌ったエビ中に待ち受けていたのは「大玉転がし」対決。彼女たちの身長の3分の2ほどもある巨大な大玉がステージに持ち込まれると、競技のルールを説明するアナウンスが流れる。ルールはチームのうち2人が大玉を転がしステージ内をぐるっと1周し、その後大玉を観客席に送り込み、客席前方から後方に送り周回してステージに戻ってくる速さを競うというもので、今度の勝負ではメンバー9人のみならず観客も参加することになった。まずは最年少中2チームの大玉送りがスタート。廣田あいかからの「チームに推しが1人もいなくても本気で回してくださいね~」というお願いを受け、エビ中ファミリー(ファン)たちも必死に手を伸ばすものの慣れない巨大な大玉に苦戦した様子だった。観客を巻き込んでの大勝負となったこの対決は、最初にチャレンジしたためか少々苦戦した中2組が2分15秒とほかの2チームを下回り、中3組1分58秒、中4組1分52秒という僅差で中4組に軍配が上がった。

そしてライブはラストスパートに突入。「大人はわかってくれない」「スターダストライト」と2ndシングル曲を披露し、最後は現在の9人では初のパフォーマンスとなる「約束」で締めくくった。メンバーが1度ステージを去ると、まだまだ盛り上がり足りないとばかりに会場からは大きなアンコールが巻き起こる。観客からのアンコールに応え、ツアーTシャツに着替えたエビ中が再びステージに登場。「でも何歌うの?」「まだやってない曲いっぱいあるよ?」「『ロック・リー』やってないよ?」「『ゴースト』もだよ」といったメンバーのやり取りが飛び交う中、鈴木裕乃が突然「じゃ新曲やろう。『梅』やろう『梅』」と発言し、会場からは大きなざわめきが起こった。新曲「梅」は2013年1月16日にリリースされるエビ中の3rdシングルのタイトルナンバーで、11月4日に行われたツアー初日公演でそのタイトルと音源が発表されたばかり。メンバーたちも一瞬戸惑いを見せたものの、真山りかの「じゃ、やろっか」の声に従い、エビ中らしく疾走感あふれるポジティブなアッパーチューンを観客の前で初披露した。さらに「梅」のカップリング曲で、彼女たちのレギュラー番組「エビ中の永遠に中学生(仮)」でおなじみの楽曲「頑張ってる途中」、そして「永遠に中学生」でアンコールのラストを飾り、エビ中の全力を込めたステージは大盛り上がりのまま幕を下ろした。

なお第2部「エビ中文化祭」では、メンバーの出席番号が書かれた梅の花が背中にあしらわれた3rdシングル「梅」の衣装を初公開。文化祭というテーマに則り俳句の紹介や討論大会が行われた。

エビ中が全力パフォーマンスする中、Zepp Tokyoの隣にあるイベントステージ・MEGA WEB トヨタシティショウケースでは、ももクロやエビ中の弟分的存在の音楽ユニット集団「EBiDAN」がフリーライブ「DISH//&超特急 2NDリリース! HMVツアー “礎”~初心者マーク大歓迎~」を実施中。会場に集まったファンはもちろん、エビ中ファミリーやお台場で買い物を楽しむ一般客も足を止めてステージを楽しんでいた。このイベントにはEBiDANの中でも人気急上昇中のユニット「DISH//(ディッシュ)」が登場した。彼らはTAKUMI(Vo, G)、MASAKI(Cho, G)、RYUJI(Rap, B)、To-i(Frying Dish, Rap, DJ)の4人で構成された、平均年齢14.75歳の“ダンスロック団”で、メンバーが楽器を持ちながら激しいダンスや一風変わったプレイをするのが最大の特徴。中でもユニット名にちなんで披露される、皿(=ディッシュ)を投げるという前代未聞のステージパフォーマンスが話題を呼んでいる。

DISH//はこの日、料理人の衣装でステージに登場し、エビ中の代表曲「ザ・ティッシュ~とまらない青春~」をアレンジした「ザ・ディッシュ~とまらない青春 食欲編~」を初披露した。会場に集まった観客は、エビ中の原曲を聴き慣れていることもあってか驚きながらも大盛り上がり。最後には紙皿を投げるおなじみのパフォーマンスも繰り出された。さらに10月にリリースしたばかりのインディーズ2ndシングル「ピーターパンシンドローム」など計4曲を披露し、イベントは興奮冷めやらぬまま終了した。なおこの「ザ・ディッシュ~とまらない青春 食欲編~」は、前山田健一プロデュースの下、2月上旬にリリースされる彼らの3rdシングルに収められる。

私立恵比寿中学「ウィンターデフスター極上ツアー2012-2013 ~KING OF GAKUGEEEEKAI of チュウ of LIFE~」第1部体育祭セットリスト

01. もっと走れっ!!
02. えびぞりダイアモンド!!
03. チャイム!
MC1
04. ほぼブラジル
05. ザ・ティッシュ~とまらない青春~
06. 揚げろ!エビフライ
MC2・玉入れ
07. 結果オーライ
08. 放課後ゲタ箱ロッケンロールMX
09. 仮契約のシンデレラ
MC3・大玉送り
10. 大人はわかってくれない
11. スターダストライト
12. 約束
アンコール
13. 梅
14. 頑張ってる途中
15. 永遠に中学生

※記事初出時、アーティスト名およびイベント名の表記に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

音楽ナタリーをフォロー