音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

アジカン、8年ぶりセカオワら出演した「ラブシャ」最終日

1022

SEKAI NO OWARI(撮影:古溪一道)

SEKAI NO OWARI(撮影:古溪一道)

スペースシャワーTVが主催する野外ライブイベント「SPACE SHOWER TV 30TH ANNIVERSARY SWEET LOVE SHOWER 2019」が、8月30日から9月1日にかけて山梨・山中湖交流プラザ きららで開催された。この記事では最終日の様子をレポートする。

昨年までLAKESIDE、Mt.FUJI、FOREST、WATERFRONTの4ステージ制で開催されてきたラブシャ。今年は木々に囲まれたGOOD VIBESが新たに加わり、計5ステージでライブが行われた。3日目のFORESTにはマカロニえんぴつAge Factory藤原さくらポルカドットスティングレイTOTALFATストレイテナーが登場。新設されたGOOD VIBESにはTENDRE中村佳穂Tempalay、WATERFRONTにはLittle Black Dress、カネコアヤノが出演し、イベントを盛り上げた。ここでは会場内では最大規模のLAKESIDE、LAKESIDEの次に大きなMt.FUJIのライブの模様を中心にレポートしていく。

この日のMt.FUJIには、Saucy DogBLUE ENCOUNTOfficial髭男dismKing GnuAimerMISIAの計6組が登場。多彩なパフォーマンスで会場を盛り上げた。1番手は「ラブシャ」3度目の出演にして初めてMt.FUJIに立つSaucy Dog。石原慎也(Vo, G)が「おはようございまーす!」と元気よく叫び、「真昼の月」「ゴーストバスター」などを披露していく。石原の力強い歌唱にせとゆいか(Dr, Cho)の透明感のある歌声が重なり、朝にぴったりの清涼感あふれるパフォーマンスが展開された。2番手のBLUE ENCOUNTは「DAY×DAY」「だいじょうぶ」を続けて投下するなど、序盤から一気に会場をヒートアップさせた。会場を埋め尽くすほどのオーディエンスが見守る中に登場したのは「ラブシャ」初登場のOfficial髭男dism。彼らはダンサブルな「ノーダウト」や、藤原聡(Vo, Piano)のパワフルな歌声が印象的な「FIRE GROUND」などで会場を大いに盛り上げた。中学生の頃にスペースシャワーTVを観て音楽情報を収集していたという藤原は、「このステージに立てることができて、本当にうれしいです」と感慨深く語り、最後は「宿命」をエモーショナルにパフォーマンスして念願のステージを終えた。

King Gnuは、常田大希(Vo, G)が拡声器を片手に歌唱する「Slumberland」や、「Sorrows」「Vinyl」といったダンサブルなナンバーで観客たちをバンドの世界観に引き込んでいく。イントロで会場がどよめいた「白日」では、繊細なピアノの音色と井口理(Vo, Key)の美しくも切ない歌声でオーディエンスを酔わせていった。バンドはそのまま新曲「飛行艇」、キラーチューン「Flash!!!」を畳みかけるようにパフォーマンスして出番を終えた。夕暮れ時に真っ白なワンピースに身を包み登場したAimerは、今回が「ラブシャ」初出演。オープニングナンバーとしてアップテンポな「ONE」をセレクトし、朗らかな声を響かせて客席に一体感を作り上げていく。後半はドラマの主題歌「STAND-ALONE」や不穏な雰囲気が漂う「I beg you」を続け、独特の声質や高い歌唱力、表現力を見せつけた。

こちらも「ラブシャ」初出演のMISIAは、バンドメンバーを率いてステージに現れると「みんな最後まで楽しんでいくよ!」と観客に勢いよく呼びかけた。「BELIEVE」で圧倒的な歌唱力とグルーヴィな演奏でオーディエンスを魅了したあとに「来るぞスリリング」「LADY FUNKY」を続けるなどして、会場の温度をどんどん高めていく。「オルフェンズの涙」では、伸びやかな歌声とブルーを基調にした照明演出で場内を幻想的な雰囲気で包み、「MAWARE MAWARE」では盛大なコール&レスポンスを巻き起こした。そして今年で30周年を迎えるスペースシャワーTVに「Happy Birthday to You」をアカペラで捧げたのち、「アイノカタチ」を情熱的に歌唱してステージを後にした。

もっとも大きなステージであるLAKESIDEには、HY高橋優10-FEET東京スカパラダイスオーケストラASIAN KUNG-FU GENERATIONSEKAI NO OWARIの計6組が出演した。このステージのトップバッターは、8年ぶりの「ラブシャ」出演となるHY。彼らは「AM11:00」で盛大なシンガロングを湧き起こしたり、続くアッパーチューン「大好きだもの」で観客と共にタオルを振り回したりと序盤からハイテンションなパフォーマンスを展開していく。新里英之(Vo, G)と仲宗根泉(Key, Vo)のコミカルなMCを挟んで披露されたバラード曲「366日」では、仲宗の表現力豊かな歌声がオーディエンスを魅了した。5年ぶりの出演となった高橋優は、代表曲の1つ「福笑い」を優しく奏でて、会場を穏やかな雰囲気で満たしていく。MCでは、会場に向かう道中が混雑していたため、自転車で会場入りしたことを明かして観客を驚かせていた。高橋は最後に「虹」をオーディエンス1人ひとりに訴えかけるように熱唱してステージをあとにした。

激しいサウンドで会場を盛り上げていたのは10-FEET。彼らはパワフルな演奏とメッセージ性の強いMCでオーディエンスを魅了した。TAKUMA(Vo, G)は登場するなり「10-FEET始めます!」「ありがとうございました10-FEETでした!」というおなじみの挨拶で来場者の笑いを誘う。「RIVER」では、TAKUMA が“河”という歌詞を“山中湖”と歌うなど、この日ならではのサービスでもファンを楽しませていた。今年デビュー30周年を迎えた東京スカパラダイスオーケストラは、「星降る夜に」ではOfficial髭男dism、「Wake Up!」ではASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文(Vo, G)、「閃光」では10-FEETのTAKUMA(Vo, G)をゲストに招いて会場を大いに盛り上げた。さらにスカパラのステージには、事前に告知されていなかったエレファントカシマシの宮本浩次(Vo ,G) が姿を現し「明日以外すべて燃やせ」を歌唱。観客から大きなどよめきが起こっていた。

ASIAN KUNG-FU GENERATIONは、徐々に迫力を増していく曲展開が印象的な「UCLA」をオープニングに繰り出して会場の熱気を高めていく。後藤正文(Vo, G)が「みんな誰の真似もせずに自分らしく楽しんでいってください」と話して披露された「荒野を歩け」では、観客たちがその言葉に応えるように体を揺らしたり、手を掲げたりと思い思いに楽曲を楽しんだ。その後も「君という花」のイントロで、一斉にハンドクラップが湧き起こるなど、オーディエンスとの一体感を感じさせるパフォーマンスが展開された。

LAKESIDEで3日間の大トリを務めたSEKAI NO OWARIは、8年ぶり3回目の出演に。大歓声に包まれて登場した彼らは、バイオリンやホーンの音色を取り入れた「炎と森のカーニバル」やSaori(Piano)の激しくも美しいピアノの音色が印象的な「ANTI-HERO」、心地いいブルースナンバー「YOKOHAMA blues」を次々と演奏していった。Fukase(Vo)が「僕にとって原点みたいな曲。この曲をどうしてもやりたいなと思って」と紹介して演奏されたのは「銀河街の悪魔」。Nakajin(Sound Produce, G)とFukaseの弾き語りが壮大なアンサンブルへと移り変わるこの曲を、4人は穏やかな表情で届けた。ラストの「Dragon Night」では炎を使用した演出も。セカオワのライブ終了後には上空に花火が打ち上げられ、「SPACE SHOWER TV 30TH ANNIVERSARY SWEET LOVE SHOWER 2019」は大団円を迎えた。

「SPACE SHOWER TV 30TH ANNIVERSARY SWEET LOVE SHOWER 2019」の模様は10月5日(土)、12日(土)、19日(土)の3日間、スペースシャワーTVで合計9時間にわたって放送される。

スペースシャワーTV「SPACE SHOWER TV 30TH ANNIVERSARY SWEET LOVE SHOWER 2019 Day1 / Day2 / Day3」

2019年10月5日(土)21:00~24:00
2019年10月12日(土)21:00~24:00
2019年10月19日(土)21:00~24:00

音楽ナタリーをフォロー