音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

Goodbye holidayが明かす「はじまりの唄」誕生の裏側

149

Goodbye holidayが本日10月16日に2ndミニアルバム「はじまりの唄」をリリース。ナタリーではこれを記念してメンバー4人にインタビューを行った。

本作にはタイトルが示す通り、さまざまな「はじまり」をテーマに制作されたナンバー全7曲を収録。1stミニアルバム「ソラリス」に比べアレンジはバラエティに富み、彼らがとりわけ大事にしている歌詞はより具体性を増しており、バンドの成長を感じさせる1枚に仕上がっている。今回彼らにはこのような作品ができあがった経緯や児玉一真(Vo, G)の書く歌詞が変化した理由、さらにGoodbye holidayの個性や目指すべきバンド像について語ってもらった。

なお彼らは「はじまりの唄」のレコ初ワンマンライブを来年1月に東京・Shibuya O-Crestと広島・広島Cave-Beで開催する。オフィシャルサイトでは10月24日12:00より27日23:00まで、チケットの先行抽選予約を受け付ける。

「はじまりの唄」リリースワンマンツアー

2014年1月12日(日)東京都 Shibuya O-Crest
2014年1月26日(日)広島県 広島Cave-Be

音楽ナタリーをフォロー