コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

SF歴史ドキュメント「タイムスクープハンター」マンガ化

150

NHK総合のTV番組「タイムスクープハンター」が、マンガとなってイースト・プレスより3冊同時にリリースされた。描き下ろしたのは名作文学のコミカライズを手がけてきた沖縄の企業、バラエティ・アートワークスだ。

「タイムスクープハンター」はジャーナリストがタイムワープし、その時代に生きる人々の暮らしを記録していく歴史番組。教科書に載るような偉人ではなく、一般庶民の暮らしや瑣末な事件を見せるニッチな内容で人気を博している。

マンガ版1巻は髷結い職人に密着した「髪結い ちょんまげ騒動記」、2巻では江戸の新聞記者こと瓦版屋の話「瓦版ジャーナリスト魂」、3巻では初ガツオ入手に情熱を傾ける江戸っ子を追う「熱狂! 初ガツオ争奪戦」を収録。今後も毎月1冊ペースで刊行されていく。

コミックナタリーをフォロー