コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「猫とドラゴン展」に近藤るるる、永野のりこ、寺田克也ら

156

怪獣絵師として人気を誇る開田裕治を筆頭に、クリエイターが「猫とドラゴン」をテーマとした作品を発表する「群龍割拠 猫とドラゴン展」が、10月21日より東京都美術館にて開催される。

この展覧会にはアニメ・特撮・SF・マンガ・ゲームなど、幅広いフィールドで活躍するクリエイター約30名が集結。イラストと立体造形を主として、日本画、切り絵、ジオラマ仕立ての造形物、ぬいぐるみなど、思い思いの方法で「猫とドラゴン」を表現する。マンガ界からは近藤るるる寺田克也永野のりこ西川伸司濱元隆輔夢路キリコらが参加。すべてこの展示のために制作された作品だ。

公式サイト内のブログでは、参加クリエイターからのコメントや作品PRを順次公開中。入場無料なので、気軽に足を運んでみては。

「群龍割拠 猫とドラゴン展」

会期:2012年10月21日(日)~10月28日(日)
時間:9:30~17:30(最終入室は閉室30分前まで)※最終日は13:30まで(最終入室は閉室30分前まで)
会場:東京都美術館ギャラリーC
住所:東京都台東区上野公園8-36
入場無料

参加クリエイター

開田裕治、アオガチョウ、岡健之、奥田茂喜、加藤直之、工藤稜、CLICK CRACK、寒河江智果、近藤るるる、添田一平、竹内信善、武田信之、Deino、寺田克也、天神英貴、とやまみーや、永野のりこ、西川伸司、韮沢靖、パトリック・ギャノン、濱元隆輔、百武朋、藤ちょこ、前田ヒロユキ、松村しのぶ、緑川美帆、村田らむ、山脇隆、夢路キリコ、打田十紀夫、八尋健生

コミックナタリーをフォロー