「サイボーグ009」がアメコミに!誕生編をリメイク

1756

石ノ森章太郎「サイボーグ009」が、石森プロと米国Archaia Entertainment社との提携により英語版グラフィックノベルとして出版されることが決定した。グラフィックノベルとは、アメリカでマンガ単行本を指す用語。

「Cyborg009」イメージボード

「Cyborg009」イメージボード

大きなサイズで見る

グラフィックノベル「Cyborg009」では、原作の「誕生編」をベースにストーリーをリメイク。脚本をF.J. DeSantoとBradley Cramp、作画をMarcus Toが手がけ、新たな命を吹き込んだ。これまで石ノ森による原作の翻訳版が海外で出版されたことはあったが、アメリカンコミックとしての展開はこれが初の試みだ。

出版時期は2013年夏を予定。ハードカバー大判変形A4大サイズのオールカラー100P、特集ページも盛り込まれる。米国のほか英語圏、日本などで各国版が刊行され、電子コミックとしての配信も予定されている。

関連する特集・インタビュー

関連記事

石ノ森章太郎のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 石ノ森章太郎 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。