コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「赤ちゃんと僕」愛蔵版で登場&らがぴー刊行ラッシュ

21

羅川真里茂の名作「赤ちゃんと僕」の愛蔵版が、4月19日より刊行される。愛蔵版は全9巻で、毎月1冊ずつ発売。全巻の巻頭にフルカラーのイラストギャラリー、巻末に羅川の描き下ろしメッセージ「ようこそ赤僕愛蔵版へ」を収録。

「赤ちゃんと僕」は母を亡くした小学5年生の少年が、幼い弟の世話に奮闘する姿を描いたホームドラマ。1991年から1997年まで花とゆめ(白泉社)にて連載され、1996年にはTVアニメ化もされた。

愛蔵版をはじめとして、この春は羅川の新刊が続々登場。4月19日には3編の読み切りシリーズを収録した「朝がまたくるから」が同時発売。5月19日には「赤ちゃんと僕」愛蔵版2巻と「チムアポート」が発売される。これを記念して白泉社は「まりもフェスティバル」を実施、図書カードを抽選でプレゼントする。詳細はそれぞれの単行本オビをチェックしよう。

コミックナタリーをフォロー