ステージナタリー

TGR2016大賞、ホエイが描く津軽藩士大量殉難事件「珈琲法要」再び北海道で

44

ホエイ「珈琲法要」より。

ホエイ「珈琲法要」より。

ホエイが「珈琲法要」を2018年1月27日から2月1日に北海道・シアターZOOで上演する。

江戸後期の文化4年が舞台となる「珈琲法要」は、開国を求めて蝦夷地北方を襲撃するロシア帝国の警備のため、出兵する津軽藩の人々の姿を描いた作品。津軽藩の兵士たちは東北とは比べものにならない寒さや、原因不明の病のため次々と亡くなっていく。それを受けて幕府は南蛮渡来の飲み物“珈琲”を配給。兵士たちは珈琲を、万病に効くと信じて飲み続けるが……。

蝦夷地北方で起きた津軽藩士大量殉難事件を題材にした本作は「TGR2016 札幌劇場祭」で大賞を受賞。今回「札幌演劇シーズン2018-冬」の1作としてシーズンに初参加する。本作に関して作・演出を手がけた山田百次は、「札幌演劇シーズン2018-冬」の公式サイトにて「津軽のお話であり、北海道のお話でもあります。そしてこの国の話であり、民族問題を抱える様々な国に関わるお話でもあります」とコメントを寄せている。

ホエイ「珈琲法要」

2018年1月27日(土)~2月1日(木)
北海道 シアターZOO

作・演出:山田百次
出演:河村竜也、山田百次、菊池佳南

ステージナタリーをフォロー