ステージナタリー

ドイツ児童文学の名作が再び「大どろぼうホッツェンプロッツ」水戸芸術館で

226

ACMファミリーシアター「大どろぼうホッツェンプロッツ」より。

ACMファミリーシアター「大どろぼうホッツェンプロッツ」より。

ACMファミリーシアター「大どろぼうホッツェンプロッツ」が、11月3・5・11・12日に茨城・水戸芸術館 ACM劇場にて上演される。

ドイツ人作家のオトフリート・プロイスラーによる児童文学をもとにした本作。水戸芸術館ACM劇場で2013年に初演、14年に再演され、今回が3年ぶりの上演となる。少年2人が知恵と勇気で大泥棒をやっつける冒険物語だ。

また本作は、水戸市立の全小学4年生の児童を劇場に招待し、観劇を体験してもらう事業「小学生のための演劇鑑賞会」の対象作品となっている。

ACMファミリーシアター「大どろぼうホッツェンプロッツ」

2017年11月3日(金・祝)、5日(日)、11日(土)・12日(日)
茨城県 水戸芸術館 ACM劇場

原作:オトフリート・プロイスラー「大どろぼうホッツェンプロッツ」(偕成社刊)
脚本:高橋知伽江
演出:大杉良
出演:水野直、大内真智、長本批呂士、塩谷亮、小林祐介、森井りほ

ステージナタリーをフォロー