ステージナタリー

旧友と余興の練習、ゴジゲン「くれなずめ」アフタートークに松居大悟の実母ら

100

ゴジゲン 第14回公演「くれなずめ」より。(撮影:村田麻由美)

ゴジゲン 第14回公演「くれなずめ」より。(撮影:村田麻由美)

ゴジゲン「くれなずめ」が、昨日10月19日に東京・駅前劇場にて開幕した。

主宰の松居大悟が手がける本作は、高校の帰宅部仲間が友人の結婚式のために、学生時代を思い出しながら余興の練習をする物語。出演には松居、目次立樹に加え、新メンバーの奥村徹也東迎昂史郎本折最強さとし、堀善雄改め善雄善雄が名を連ねている。

開幕に際して松居は「今まで緊張なんかより生きるだけだろとか言ってたのですが、すごく緊張して、意味もなく楽屋の前をうろうろして、もうほんと、いいなって思ってもらいたかった。こんなに緊張した初日は初めてかもしれません」と心境を明かし、「なんか集中しすぎて感情くちゃくちゃになってしまったのですが、意味のない時間が美しくなるような、見にきた人の物語になるような、そんな願いを込めてます。いま下北沢は熱いです。ぜひ下北沢 駅前劇場に来てください」と観客に呼びかけた。

東京公演は10月29日まで。その後、11月4・5日に京都・KAIKA、11月11・12日には福岡・北九州芸術劇場 小劇場で上演される。またアフタートーク実施回も設けられており、東京公演にはヨーロッパ企画の上田誠や柿喰う客の玉置玲央、北九州公演には松居の実母がゲスト出演する。詳細は公式サイトで確認を。

松居大悟コメント

今まで緊張なんかより生きるだけだろとか言ってたのですが、すごく緊張して、意味もなく楽屋の前をうろうろして、もうほんと、いいなって思ってもらいたかった。こんなに緊張した初日は初めてかもしれません。ゴジゲン「くれなずめ」幕があけました。なんか集中しすぎて感情くちゃくちゃになってしまったのですが、意味のない時間が美しくなるような、見にきた人の物語になるような、そんな願いを込めてます。いま下北沢は熱いです。ぜひ下北沢 駅前劇場に来てください。不安定な天気も台風も吹っ飛ばして、あなたの命を輝かせてみせるので、天気なんて気にせずに! 明日が一番いい回にします。

ゴジゲン 第14回公演「くれなずめ」

2017年10月19日(木)~29日(日)
東京都 駅前劇場 

2017年11月4日(土)・5日(日)
京都府 KAIKA

2017年11月11日(土)・12日(日)
福岡県 北九州芸術劇場 小劇場 

作・演出:松居大悟
出演:奥村徹也東迎昂史郎、松居大悟、目次立樹本折最強さとし善雄善雄

ステージナタリーをフォロー