ステージナタリー

OrganWorks「聖獣」開幕、平原慎太郎が達成感「毎回違う作品を」

175

TOYOTA CHOREOGRAPHY AWARD 2016 受賞者公演 平原慎太郎 OrganWorks 「聖獣~live with a Sun~」より。(撮影:加藤甫)

TOYOTA CHOREOGRAPHY AWARD 2016 受賞者公演 平原慎太郎 OrganWorks 「聖獣~live with a Sun~」より。(撮影:加藤甫)

平原慎太郎 OrganWorks 「聖獣~live with a Sun~」が、昨日10月12日のプレビュー公演を経て、本日13日に東京・シアタートラムにて開幕する。

本作は、「トヨタ コレオグラフィーアワード 2016」で「次代を担う振付家賞」および「オーディエンス賞」を受賞した平原の受賞者公演。聖書に登場する“聖獣(リヴァイアサン)”や、「堤中納言物語」の「虫めづる姫君」、芥川龍之介「蜘蛛の糸」などの国内文学作品における“虫”からインスピレーションを得た作品を、自身が主宰するOrganWorksのメンバーと披露する。

プレビュー初日を終えた平原は、「公演初日開けて感じたのは達成感。普段は千秋楽を終えて感じる類の思いですが、初日に登るべき山の麓に着けたとも言えます」と手応えを明かし、「残り4回、毎回違う作品を踊るような気持ちで作品を更新していきます」と意気込みを語っている。

公演は10月15日まで。当日券は開演の45分前より会場にて販売される。なお10月14日18:00開演回の終演後には、小林賢太郎をゲストに迎え、平原がホストを務めるアフタートークの開催が決定した。

TOYOTA CHOREOGRAPHY AWARD 2016 受賞者公演 平原慎太郎 OrganWorks 「聖獣~live with a Sun~」

2017年10月12日(木)~15日(日)※12日はプレビュー公演。
東京都 シアタートラム

振付・構成・演出:平原慎太郎
出演:平原慎太郎、柴一平、東海林靖志、佐藤琢哉、浜田純平、薬師寺綾、町田妙子、小松睦、高橋真帆、渡辺はるか

ステージナタリーをフォロー