ステージナタリー

劇団Patch「JOURNEY」まもなく開幕、松井勇歩&納谷健が意気込み

1130

Patch stage vol.11「JOURNEY-浪花忍法帖(なにわにんぽうちょう)-」虹バージョンのメインビジュアル。

Patch stage vol.11「JOURNEY-浪花忍法帖(なにわにんぽうちょう)-」虹バージョンのメインビジュアル。

9月29日に開幕を控える、劇団Patch「JOURNEY-浪花忍法帖(なにわにんぽうちょう)-」。このたび、主演を務める松井勇歩納谷健の2人からコメントが到着した。

脚本・構成・演出を劇団偉人舞台の我孫子令が手がける今作は、討ち死にしてしまった浪花の傲慢忍者・恵比三を中心とした“クレイジー忍者旅物語(ニンジャーニーストーリー)”。一部配役を変更し、霧バージョン、虹バージョンの2つが上演される。

本作の見どころについて納谷は「一言で言うと、みんな大暴れしています。できることを余すことなく、表現に昇華させてぶつけている感じが切磋琢磨してるなぁ……って、焦りを覚えるほどです」と語り、一方の松井は「笑いあり、涙あり、殺陣あり、ダンスあり、そしてWキャストでの上演と盛りだくさんなので、すべてが見どころと言いたいところですが……1つあげるとしたら“笑い”ですね」と注目ポイントを挙げる。

また松井は、今回初めてタッグを組んだ我孫子を「とても陽気なおっさんです(笑)。メンバーみんな懐いてますね」と紹介しつつ、「『JOURNEY』は令さんじゃないと作れなかったし、令さんとだからこそ、もっと『JOURNEY』をおもろくできると思います。すごく信頼しています」とコメント。納谷は「脚本はシンプルな印象だけど、複雑でドラマ性があり、登場人物が魅力的。令さんと手を取って、この世界観をもっと拡げていけたらと思います」と意欲を見せた。

本作で初の東京進出を果たす劇団Patch。上演にあたって納谷は「この公演はスタートに過ぎません。勢いに乗ってより長く遠くまで旅ができるように、たくさんの思いを込めた作品です。そんな僕らの門出となる『JOURNEY』を観ていただき、旅のワクワク感をともに感じていただけたらと思います!」と意気込みを語り、松井は「僕たち自身、経験したことがないものに挑戦しています。でも僕たちがこうして新しいことに挑戦させていただけるのは、いつも応援し支えてくださる皆様おかげです。『JOURNEY』を、劇団Patchの名を、全国に轟かせます。劇場でお待ちしております!」と観客にメッセージを送った。

本作には2人のほか、メンバーの三好大貴星璃尾形大悟藤戸佑飛田中亨吉本考志が出演。公演は9月29日から10月8日まで大阪・in→dependent theatre 2nd、10月20日から22日まで東京・新宿シアターモリエールにて行われる。

Patch stage vol.11「JOURNEY-浪花忍法帖(なにわにんぽうちょう)-」

2017年9月29日(金)~10月8日(日)
大阪府 in→dependent theatre 2nd

2017年10月20日(金)~22日(日)※20日はプレビュー公演。
東京都 新宿シアターモリエール

原案:劇団Patch
脚本・構成・演出:我孫子令
出演:松井勇歩納谷健 / 三好大貴星璃 / 尾形大悟藤戸佑飛田中亨吉本考志

ステージナタリーをフォロー