ステージナタリー

小酒井不木「人工恋愛双曲線」を、天野天街が「ブキみめ麗しい味の缶詰めに」

109

少年王者舘「人工恋愛双曲線」が11月2日から8日まで、愛知・七ツ寺共同スタジオにて上演される。

本作は、10月28日から11月19日まで、愛知県名古屋市内一円で開催される「やっとかめ文化祭」の「芸どころ まちなか披露」にラインナップ作品。愛知県出身の作家で、江戸川乱歩の師匠でもある小酒井不木の原作に、天野天街が脚色・演出を施す。

天野天街コメント

愛知県の生んだ小酒井不木の生んだ百を越える小説群のエレメントを、とろとろになるまでグツグツ煮込み、毒と心臓と探偵とあやかしとごまかしと犯人と分身と網膜と偶然と卒倒と錯誤と月と血と猫と詩と科学と犬神と躓きと覚醒と催眠と容疑者と遊技者と手術と酒壜と贈り物と脅迫状とアリバイと接吻と闘争と逃走と監獄と大須と沈黙と名古屋と哄笑と恐怖と宝石が渾然一体したブキみめ麗しい味の缶詰めにいたします。

少年王者舘「人工恋愛双曲線」

2017年11月2日(木)~8日(水)
愛知県 七ツ寺共同スタジオ

原作:小酒井不木
脚色・演出:天野天街
出演:珠水、夕沈、宮璃アリ、池田遼、岩本苑子、井村昂 / echo ほか

ステージナタリーをフォロー