ステージナタリー

「ダイヤのA The LIVE」青道VS稲実戦開幕!小澤廉「まだまだ試合はこれから」

2760

「ダイヤのA The LIVE V」より。

「ダイヤのA The LIVE V」より。

「ダイヤのA The LIVE V」が、昨日9月7日に兵庫・新神戸オリエンタル劇場にて開幕した。

脚本・演出を御笠ノ忠次が手がける本作は、寺嶋裕二のマンガを原作とした「ダイヤのA The LIVE」の第5弾。今作では、西東京地区大会決勝戦に進んだ青道高校と、王者・稲城実業高校との甲子園をかけた戦いが描かれ、キャストには沢村栄純役の小澤廉、降谷暁役の廣瀬智紀、御幸一也役の和田琢磨、成宮鳴役の小西成弥らが名を連ねている。

上演にあたって小澤は「今回は舞台のセットが大幅に変わり本当に野球をしているような感覚になります! その臨場感と僕らの熱量がライブビューイングも含め、劇場に観に来てくださった皆様に伝わるように精一杯頑張りますので応援よろしくお願いします!」「僕らの熱い青春と絆を感じてください! まだまだ試合はこれからです!」と意気込みを語る。

また廣瀬は「今回の試合がどういう意味を持っているか、自分たちも演じる上でその意味をしっかり感じています。勝ったら甲子園、負けたら引退。降谷も最初からフルスロットルで試合の流れを青道の流れに持っていけるよう挑みますので、最後まで応援いただけたら幸いです」と観客に呼びかけ、和田は「いよいよシリーズ集大成とも言える、青道対稲実の決勝戦が幕を開けます。原作『ダイヤのA』が持つ高校球児たちの直向きさ、汗、エネルギーが皆様に伝わるよう全力で挑みたいと思います」と意欲を見せる。さらに小西は「原作ファンの方はもちろん、見ていない方も誰もが楽しめる作品になっているかと思います。決勝戦、すべてが見どころです。劇場でお待ちしております!」とアピールした。

兵庫公演は9月10日まで。その後、9月12日から14日まで広島・JMSアステールプラザ 中ホール、9月17・18日に福岡・北九州芸術劇場 大ホール、そして9月20日から24日まで東京・シアター1010にて上演。また9月24日の千秋楽には、シリーズ初となるライブビューイングも行われる。

「ダイヤのA The LIVE V」

2017年9月7日(木)~10日(日)
兵庫県 新神戸オリエンタル劇場

2017年9月12日(火)~14日(木)
広島県 JMSアステールプラザ 中ホール

2017年9月17日(日)・18日(月)
福岡県 北九州芸術劇場 大ホール

2017年9月20日(水)~24日(日)
東京都 シアター1010

原作:寺嶋裕二「週刊少年マガジン」(講談社)
脚本・演出:御笠ノ忠次
共同演出:中島大地

出演:小澤廉廣瀬智紀和田琢磨 / 深澤大河葉山昴椎名鯛造高橋良輔上田悠介、水沼天孝、NAO-G、中島大地、大見拓土澤田拓郎 / 加藤靖久、藤田慶輔、一内侑、伊藤孝太郎八巻貴紀 / 小西成弥 / 野沢聡 / 秋山皓郎、網代将悟、石毛元貴、小野原幸一、儀間裕士、笹岡幸司、佐藤和斗、佐藤ケンタロー、濱屋博嗣、結城駿

(c)寺嶋裕二・講談社/「ダイヤのA」The LIVE V 製作委員会

ステージナタリーをフォロー