ステージナタリー

宝塚星組「うたかたの恋」&轟悠主演「ドクトル・ジバゴ」上演決定

311

宝塚歌劇星組「ミュージカル・ロマン『うたかたの恋』」「タカラヅカレビュー『Bouquet de TAKARAZUKA(ブーケ ド タカラヅカ)』」が、2018年2月2日から25日まで愛知・中日劇場にて上演される。

1983年に宝塚歌劇団で初演された本作は、クロード・アネの小説「マイヤーリンク」を原作としたミュージカル。19世紀末のオーストリアで実際に起こった出来事をもとに、オーストリア皇帝の嫡子ルドルフと、男爵令嬢マリー・ヴェッツェラの悲恋を描いた物語だ。主演を務めるのは、星組トップスターの紅ゆずると、トップ娘役の綺咲愛里。脚本を柴田侑宏、演出を中村暁がそれぞれ担当する。

併演の「Bouquet de TAKARAZUKA」は、90周年を迎えたタカラヅカレビューの伝統を紡いだ作品。チケット販売は12月2日に開始する。

またこのたび、轟悠が主演を務める星組「ミュージカル『ドクトル・ジバゴ』」が、2018年2月4日から13日まで大阪の梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ、2月20日から26日まで東京・TBS赤坂ACTシアターにて上演されることも明らかに。

原田諒が脚本・演出を手がける本作では、ロシアの作家ボリス・パステルナークの代表作「ドクトル・ジバゴ」をもとに、詩人であり医師でもあるユーラと、彼が愛し続けた女性ラーラがたどった波乱の人生が描かれる。大阪公演のチケットは12月10日、東京公演のチケットは2018年1月7日に発売。

宝塚歌劇星組「ミュージカル・ロマン『うたかたの恋』」「タカラヅカレビュー『Bouquet de TAKARAZUKA(ブーケ ド タカラヅカ)』」

2018年2月2日(金)~25日(日)
愛知県 中日劇場

「ミュージカル・ロマン『うたかたの恋』」

原作:クロード・アネ
脚本:柴田侑宏
演出:中村暁
出演:紅ゆずる綺咲愛里 ほか

「タカラヅカレビュー『Bouquet de TAKARAZUKA(ブーケ ド タカラヅカ)』」

作・演出:酒井澄夫
出演:紅ゆずる、綺咲愛里 ほか

宝塚歌劇星組「ミュージカル『ドクトル・ジバゴ』」

2018年2月4日(日)~13日(火)
大阪府 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

2018年2月20日(火)~26日(月)
東京都 TBS赤坂ACTシアター

脚本・演出:原田諒
出演:轟悠 ほか

ステージナタリーをフォロー