ステージナタリー

「キャプテン翼」キックオフ、翼役の元木聖也「熱量を感じて」

294

「超体感ステージ『キャプテン翼』」公開ゲネプロより。

「超体感ステージ『キャプテン翼』」公開ゲネプロより。

「超体感ステージ『キャプテン翼』」が、昨日8月18日に東京・Zeppブルーシアター六本木にて開幕。これに先がけて公開ゲネプロと囲み取材が行われた。

高橋陽一によるマンガ「キャプテン翼」を原作に、舞台版ではオリジナルストーリーが展開。物語は元木聖也演じる大空翼率いる全日本メンバーが、フランス国際Jr.ユースを制するシーンから始まる。翼たちの次なる相手は世界のU-20選手によって結成されたクラブチーム・RED STORMだった。

多彩な必殺技が登場するマンガ「キャプテン翼」を舞台で表現するため、身体能力の高い出演者たちがキャスティングされた本作。白熱の試合シーンでは、アクロバティックな彼らの動きと映像が融合する。また客席のプレミアム体感シートに用意された“ハプティックウェア”を全身に装着すると、キックの感触やシュートを受けた衝撃、登場人物の心臓の鼓動と連動してウェアが振動。香りを使った演出も導入され、タイトル通り「超体感ステージ」が体現された。

試合も終盤になると、松井勇歩演じる日向小次郎の雷獣シュートや土井一海演じる早田誠のカミソリシュートといった必殺技が映像を駆使しながら再現される。大曽根敬大と廣野凌大が演じる立花兄弟の空中技・スカイラブハリケーンや、翼のドライブオーバーヘッドキックなどの大技にはワイヤーが用いられ、「キャプテン翼」の世界観が表現された。

ゲネプロ後に行われた囲み取材には、元木を始めキャスト15名が登壇。記者から役作りの方法について質問された松井は「日焼けです!」と笑顔で答える。大がかりなワイヤーアクションについて大曽根は「当初はスカイラブハリケーンを本当に(ワイヤーなしで)やろうと思って練習したんですけど、原作でも(身体への負担が大きくて)何発もできない技なんですね。それを何回も練習してたら足がガクガクになってしまって。どうしたらケガのない形でできるか考えて、今の形になりました」と苦労を語った。

元木は本作について、「今回は『超体感ステージ』ということでハプティクスやフレグランスの演出など、新しいことに挑戦しています。動けるキャスト陣も多いので、今までに観たことがないものがついに(世に)出るのが楽しみです」と述べる。続けて「見どころとしては新しい装置やキャストの身体能力っていうのもあるんですけど、スポーツならではの熱さがあると思ってます。その熱量を感じてほしいです」と締めくくった。公演は9月3日まで。

超体感ステージ「キャプテン翼」

2017年8月18日(金)~9月3日(日)
東京都 Zeepブルーシアター六本木

総合演出:EBIKEN(蛯名健一)
脚本・演出アドバイザー:加世田剛
振付:松永一哉

キャスト

大空翼:元木聖也
若林源三:中村龍介
日向小次郎:松井勇歩
岬太郎:鐘ヶ江洸
三杉淳:鷲尾修斗
松山光:反橋宗一郎
早田誠:土井一海
新田瞬:加藤真央
次藤洋:皇希

若島津健:渡辺和貴
石崎了:輝山立
立花政夫:大曽根敬大
立花和夫:廣野凌大

ロベルト本郷:田中稔彦
見上辰夫:瀬川亮

デューター・ミューラー:伊阪達也
カール・ハインツ・シュナイダー:北村悠
エル・シド・ピエール:西馬るい
カルロス・サンターナ:AKI

エイブ・レオン:松永一哉
ノエル・ポポロ:斎藤准一郎

山守ジェネラルマネージャー:阿部丈二

アンサンブル
高澤礁太、西田直樹、正宗雄太、水島勇貴、片山大樹

(c)高橋陽一/集英社 (c)超体感ステージ「キャプテン翼」製作委員会

ステージナタリーをフォロー