ステージナタリー

斬劇「戦国BASARA」小田原征伐、眞嶋秀斗演じる伊達政宗ら13武将が出陣

1079

「斬劇『戦国BASARA』小田原征伐」より。(撮影:宮川舞子)

「斬劇『戦国BASARA』小田原征伐」より。(撮影:宮川舞子)

「斬劇『戦国BASARA』小田原征伐」が、昨日8月11日に東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoにて開幕した。

ヨリコ ジュンが構成・演出・映像を手がける本作は、アクションゲームをモチーフとした舞台版「戦国BASARA」シリーズの新作公演。前作「斬劇『戦国BASARA』関ヶ原の戦い」に引き続き、伊達政宗役の眞嶋秀斗、真田幸村役の松村龍之介、徳川家康役の中尾拳也、石田三成役の沖野晃司が続投するほか、舞台版初登場となる山中鹿之介役を橘龍丸が務める。

初日挨拶には武将役を務めるキャストが登壇。眞嶋は「小田原征伐という1つの船に乗って、みんなで同じ方向を目指して戦っている。そんな意識で日々この舞台に挑んできた。完全新作ストーリーなので、いち早くお客様へ届けたい」と意気込み、松村は「今作から参加するキャストとともに、新しい座組で一生懸命作っていきたい」と思いを語る。

続く中尾は「前作以上に熱い作品となっています。人と人との繋がりや絆に注目して見てほしい」と見どころを明かし、沖野は「他のキャストより年上なので、クルー、キャストを引っ張っていけたら。最後までお客様に楽しんでいただける作品を作れるよう精進していく」とコメント。また今回が“初陣”となる橘は「皆さまが築き上げてくださった作品を、1つの歯車として盛り上げていけたら」と意欲を見せた。

毛利元就役をWキャストで演じるのは小谷嘉一健人。本シリーズ初出演時、29歳だった小谷は当時を振り返り、「29歳から35歳になった今、20代のキャストと同じ舞台に立てることをうれしく思う。今回はWキャストなので、2人の毛利元就の違いを楽しんでいただければ」と魅力をアピール。一方、シリーズ初参加の健人は「歴史ある作品に出演できてうれしく思っている。小谷さんにいろいろと教えてもらってきたので、教わったことを大切に、毛利元就という人物を全力で演じていきたい」と力強く語った。

なお本日8月12日12:30開演回、および18日19:00開演回には後藤又兵衛役の汐崎アイル、13日12:30開演回には千利休役の寿里、19日12:30開演回には浅井長政役の桜田航成が特別ゲストとして登場予定。東京公演は8月20日まで。その後、8月25日から27日まで大阪・立命館いばらきフューチャープラザ グランドホールにて上演される。

「斬劇『戦国BASARA』小田原征伐」

2017年8月11日(金・祝)~20日(日)
東京都 AiiA 2.5 Theater Tokyo

2017年8月25日(金)~27日(日)
大阪府 立命館いばらきフューチャープラザ グランドホール

原作:CAPCOM(「戦国BASARA」シリーズ)
構成・演出・映像:ヨリコジュン
企画・原作監修:小林裕幸(CAPCOM)、山本真(CAPCOM)
シナリオ協力:松野出
出演:眞嶋秀斗松村龍之介中尾拳也沖野晃司 / 井上正大椎名鯛造白又敦 / 伊藤裕一 / 橘龍丸寺山武志末野卓磨、大山将司 / 小谷嘉一健人(Wキャスト)

特別ゲスト

8月12日(土)12:30開演回 / 8月18日(金)19:00開演回
汐崎アイル

8月13日(日)12:30開演回
寿里

8月19日(土)12:30開演回
桜田航成

(c)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

ステージナタリーをフォロー