ステージナタリー

還暦の大竹しのぶが14歳の少年に、ミュージカル「にんじん」明日から

281

ミュージカル「にんじん」キャスト。後列左から中山義紘、秋元才加、真琴つばさ、今井清隆。前列左からキムラ緑子、大竹しのぶ、宇梶剛士。

ミュージカル「にんじん」キャスト。後列左から中山義紘、秋元才加、真琴つばさ、今井清隆。前列左からキムラ緑子、大竹しのぶ、宇梶剛士。

ミュージカル「にんじん」が、明日8月1日から東京・新橋演舞場にて開幕する。

「にんじん」はフランスの作家ジュール・ルナールの同名小説を原作としたミュージカル。フランスの片田舎を舞台に、にんじんのように真っ赤な髪、そばかすだらけの顔をした少年・にんじんと、その家族の物語が描かれる。今回は大竹が1979年以来、約38年ぶりに、にんじんを演じる。

にんじんの兄・フェリックス役には中山優馬、姉のエルネスティーヌ役に秋元才加、その婚約者・マルソー役に中山義紘をキャスティング。また女中のアネットを真琴つばさ、にんじんの友達である“名づけ親”を今井清隆、父親のルピック氏を宇梶剛士、母親のルピック夫人をキムラ緑子が演じる。演出は栗山民也が務める。

今年2017年に還暦でありながら、14歳の少年を演じる大竹。この挑戦に至ったのは、22歳での初演から60歳を超える現在までピーター・パン役を演じ続けている、女優キャシー・リグビーに大竹が感銘を受けたことがきっかけとなった。また6月の製作発表記者会見で大竹は、にんじんについて「もう1回やりたい役」と語っていた。公演は8月1日から27日まで東京・新橋演舞場、9月1日から10日まで大阪・大阪松竹座にて。

ミュージカル「にんじん」

2017年8月1日(火)~27日(日)
東京都 新橋演舞場

2017年9月1日(金)~10日(日)
大阪府 大阪松竹座

原作:ジュール・ルナール
訳:大久保洋
脚本・作詞:山川啓介
演出:栗山民也
音楽:山本直純
出演:大竹しのぶ中山優馬秋元才加、中山義紘、真琴つばさ今井清隆宇梶剛士キムラ緑子

ステージナタリーをフォロー