ステージナタリー

草刈民代、乗越たかおとセルゲイ・ポルーニンを語る

78

映画「ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣」より。

映画「ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣」より。

映画「ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣」の、7月17日10:30の回上映後に行われる公開記念トークイベントに草刈民代が登壇。聞き手を舞踊評論家の乗越たかおが務める。

史上最年少でロイヤル・バレエ団のプリンシパルとなるも、人気のピークで退団したセルゲイ・ポルーニンに迫ったドキュメンタリー「ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣」。草刈は本作に「こんな天才ダンサーが現れたことがあっただろうか」とコメントを寄せていた。

「僕はダンサーであるよりは、1人のアーティストでありたい」と語り、12月公開の映画「オリエント急行殺人事件」への出演を控えるポルーニン。元バレリーナで現在は女優として活動する草刈は、彼を見て何を思うのか。当日のトークに期待が高まる。チケットは明日7月14日に発売。

映画「ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣」公開記念トークイベント

2017年7月17日(月・祝)10:30の回上映後
東京都 Bunkamuraル・シネマ

ゲスト:草刈民代 
聞き手:乗越たかお

(c)British Broadcasting Corporation and Polunin Ltd. / 2016

ステージナタリーをフォロー