ステージナタリー

8歳から81歳までが合唱で綴る「わたしの青い鳥」

32

北九州芸術劇場プロデュース/市民参加企画 合唱物語「わたしの青い鳥2016」より。 (c)梅本昌裕

北九州芸術劇場プロデュース/市民参加企画 合唱物語「わたしの青い鳥2016」より。 (c)梅本昌裕

合唱物語「わたしの青い鳥2017」が、6月25日に福岡・北九州芸術劇場で上演される。

本作は北九州芸術劇場がプロデュースする市民参加企画。2004年のスタート以来、劇場のレパートリー作品として上演が重ねられてきた。チルチルとミチルが幸せの青い鳥を探して旅に出るメーテルリンクの童話劇「青い鳥」に、オリジナルの詞と曲をつけて合唱で綴られる物語。出演者や客席への生のインタビューや朗読も交え、“人間にとっての本当の幸せとは何か?”という物語のテーマに会場全体で思いを巡らせる。

今年2017年は、8歳から81歳までの市民約80名が出演。上演時間は約1時間30分を予定している。

北九州芸術劇場プロデュース/市民参加企画 合唱物語「わたしの青い鳥2017」

2017年6月25日(日)
福岡県 北九州芸術劇場

原作:メーテルリンク「青い鳥」
作曲:長生淳 
作詞:能祖將夫
合唱:ワークショップを受けた市民の皆さん
指揮:樋本英一
ソプラノソロ:伊藤晴
ピアノ:白石光隆
ナレーション:能祖將夫

ステージナタリーをフォロー