ステージナタリー

「リトル・ヴォイス」明日開幕、主演の大原櫻子「心の準備はできています」

1464

「リトル・ヴォイス」公開ゲネプロより。大原櫻子。

「リトル・ヴォイス」公開ゲネプロより。大原櫻子。

大原櫻子主演の「Little Voice(リトル・ヴォイス)」が、明日5月15日に東京・天王洲 銀河劇場にて開幕。それに先がけて本日5月14日に公開ゲネプロが行われた。

ゲネプロ前に行われた囲み取材には、大原櫻子、安蘭けい高橋和也が登壇。稽古を終えた心境について大原は「稽古が本当に濃密で楽しかったので、もう本番かと。心の準備はできているので楽しみです」と笑顔でコメントする。安蘭も頷きながら「準備は万端ですし、ここからもっとステップアップできると思うので、あとは早くお客様に観ていただきたいなと思っています」と続ける。高橋も「濃密で楽しい稽古でもありましたが、厳しい稽古でもありました。それを乗り越えてきたメンバーなので、結束力も生まれましたし、自分たちだけの『リトル・ヴォイス』ができたなと思っています」と自信をのぞかせた。

大原は、タイトルロールを演じる責任感を稽古場で見せられなかったのではないかと謙遜しつつ、「キャストもスタッフも本当に素晴らしい方々ばかりで、私も自分なりのベストを出そうという気持ちで稽古してきました」と真摯に答える。そんな大原について安蘭は、「最初に本読みをしたときに完璧に英語の歌を歌えていてそこに感動して。台本を読んで一番難しいんじゃないかなと思ったシーンも、すでに完璧だったんですね。歌もうまくて、記憶も早くて、英語が話せるってことは耳もよくて。リトル・ヴォイスにぴったり! 本当にいろんなところが研ぎ澄まされている女の子なんだなと感じました。楽しみだし、頼もしいです」と太鼓判を押した。

また名曲ばかりのラインナップについては、大原が「スポーツで言うと競技が全然違う感じで、だからこそ人柄を変えて歌えるというか、切り替えがつくところがあります。1つひとつの歌に課題があるので、それを1つずつ乗り越えていくのが楽しいなと思っています」と前向きな返答。さらにライブで歌うこととの違いについて問われると「お客さんが入った状態で歌ってみないと本質的な部分ではわからないところがありますが」と前置きしながら、「役を通して、ある意味仮面を被って歌うという点では、やっぱりライブとは違う感じがしますね。また音楽では、短ければ20秒くらいで聴いている人の心を揺さぶることができますが、お芝居はそれを2、3時間かけてやるという点でも違います。ただ今回のお芝居は、10秒や20秒の音楽では掴めないような作品になっていますので!」と笑顔でアピールした。

続けて行われた公開ゲネプロでは、まず大原演じるリトル・ヴォイス(以下LV)の日常が描かれる。安蘭演じる母親マリー・ホフは、物が乱雑に置かれたリビングで、だらしない格好で酒を飲み、意中の男であるレイ・セイのことで頭がいっぱいになっている。そんな母親を避けるように、LVは自分の部屋に閉じこもり、亡父の遺したレコードを聴いてはその世界に没頭する。電話にも出られないような内気なLVだが、レコードに合わせて楽曲を口ずさむと、途端に生き生きとした表情を見せ始めた。そんなLVの歌声を、高橋演じる芸能プロモーターのレイは偶然聴きつけ、彼女を舞台に立たせようとするのだった。

大原の歌声は、先に流れていた名曲レコードの音かと思うほど、伸びやかで澄み、そして深みがある。特にLVがクラブで歌うシーンでは、シャーリー・バッシー、マリリン・モンロー、グレイシー・フィールズ、エディット・ピアフ、ジュディ・ガーランドの名ナンバーを、踊りも交えて堂々と歌い上げ、“LVの歌声が人心を掴む”という展開を深く納得させる。自宅では怯えた子犬のような、舞台に立つと太陽のように光を放つLVの二面性を、大原は歌と芝居により全身で演じた。

また、夫や恋人、子供に対して常に孤独感を感じ、それをうまく表現できないマリー役を、安蘭は破天荒ながら寂しさを抱えた女性として丁寧に表現。そんなマリーが憧れるレイもまた、一発逆転を狙う野心を抱えており、彼の光と闇を高橋はしっとりと演じた。そのほか、LVに惹かれていく電話会社の従業員ビリーを爽やかに好演した山本涼介、コミカルな演技で場を和ませる、マリーの友人・セイディ役の池谷のぶえ、クラブのオーナー、ミスター・ブー役ほかの鳥山昌克らがシーンを彩り、ラストまで目が離せない展開となっている。

「Little Voice(リトル・ヴォイス)」は、1992年にイギリス・ロンドンのナショナルシアターにて、サム・メンデス演出により初演され、1998年にはマーク・ハーマン監督により映画化された作品。今回の上演では翻訳を谷賢一、演出を劇団チョコレートケーキの日澤雄介が手がけている。公演は5月28日まで東京・天王洲 銀河劇場にて。その後6月3・4日に富山・富山県民会館 大ホール、6月24日に福岡・北九州ソレイユホールで上演される。

「LITTLE VOICE(リトル・ヴォイス)」

2017年5月15日(月)~28日(日)
東京都 天王洲 銀河劇場

2017年6月3日(土)・4日(日)
富山県 富山県民会館 大ホール

2017年6月24日(土)
福岡県 アルモニーサンク 北九州ソレイユホール

作:ジム・カートライト
演出:日澤雄介
翻訳:谷賢一

キャスト

リトル・ヴォイス大原櫻子
マリー・ホフ:安蘭けい
ビリー:山本涼介
セイディ:池谷のぶえ
ミスター・ブー / ビリーの上司:鳥山昌克
レイ・セイ:高橋和也

ステージナタリーをフォロー