ステージナタリー

岡崎京子「リバーズ・エッジ」映画化、脚本はミナモザ・瀬戸山美咲

233

岡崎京子のマンガ「リバーズ・エッジ」の実写映画化が決定。脚本をミナモザの瀬戸山美咲、監督を行定勲が務め、若草ハルナ役を二階堂ふみ、山田一郎役を吉沢亮がそれぞれ演じる。

1993年から94年にかけてCUTiE(宝島社)にて連載された「リバーズ・エッジ」は、1990年代を舞台に、都会に生きる高校生たちを描いた岡崎の代表作。どこか生きづらさを感じている女子高生・ハルナと、ゲイでいじめられっ子の山田が、河原で発見した“腐りゆく死体”という共有の秘密を抱えたことから物語は始まっていく。映画は2018年に全国公開予定だ。

二階堂ふみ コメント

原作について

衝撃的な空虚、無知ゆえの凶暴、10代でこの作品に出会えた事が財産だと思っています。

若草ハルナについて

「実感」に程遠い、若さと強さを纏った女の子。彼女の目線の先を、つい想像してしまいます。

ファンへメッセージ

映画「リバーズ・エッジ」を、作りたいと思います。頑張りますので宜しくお願いします。

吉沢亮 コメント

原作について

自分が生まれた頃の物語ですが、90年代の高校生が抱える虚無感や何か大きな波にのみこまれて身動きが取れないでいる姿が、現代の若者となんら変わらないと感じました。

山田一郎について

生きている実感が持てず、死体という絶対的な存在にすがることしか出来ない山田くんの感情は、どこか共感してしまうところがありました。

ファンへメッセージ

ハードな撮影ですが、最後まで監督を信じて頑張ります。

行定勲 コメント

映画化について

ずっと漫画の映画化に抵抗してきた。しかし、岡崎京子さんの名作はあまりにも魅力的でついに手を染めてしまった。私たちが生きた穢れた青春は今の時代にどれくらい杭を打てるのだろうか? 日々、苦闘しながら撮影しています。

二階堂ふみ、吉沢亮の印象について

主演の二階堂ふみはこの作品に魅了され映画化に奔走した。その姿は逞しく若草ハルナそのもの。吉沢亮は最もキィになる山田一郎として独自の憂いのある雰囲気で存在してくれています。

ファンへメッセージ

90年代が鮮烈に描かれた傑作を未来ある若い俳優たちと共に今の時代を生きる人たちに届く作品にしたいと思っています。

ステージナタリーをフォロー