ステージナタリー

舘そらみ「小劇場界から尻尾まいて逃げたあかつきに見えたもの」を語り尽くす

96

「32歳の脚本家兼ライターの舘そらみが小劇場界から尻尾まいて逃げたあかつきに見えたものを、サブカルの泥沼下北沢で語り尽くす会。」ビジュアル

「32歳の脚本家兼ライターの舘そらみが小劇場界から尻尾まいて逃げたあかつきに見えたものを、サブカルの泥沼下北沢で語り尽くす会。」ビジュアル

舘そらみのトークイベント「32歳の脚本家兼ライターの舘そらみが小劇場界から尻尾まいて逃げたあかつきに見えたものを、サブカルの泥沼下北沢で語り尽くす会。」が、3月16日に東京・観劇三昧下北沢店にて開催される。

自身の劇団・ガレキの太鼓を率い、青年団の演出部とアミューズにも所属する舘。本企画では舘が映画やドラマなど演劇以外のフィールドで得た体験や実感をもとに、「演劇以外の業界への広げ方」「映画、ドラマ、演劇、WEBの創作方法の違い、処世術」「演劇界が秀でていること、劣っていること」などを語る。聞き手は青年団、うさぎストライプの小瀧万梨子。入場は無料、予約不要となっている。

「32歳の脚本家兼ライターの舘そらみが小劇場界から尻尾まいて逃げたあかつきに見えたものを、サブカルの泥沼下北沢で語り尽くす会。」

2017年3月16日(木)19:00~20:00
東京都 観劇三昧下北沢店

出演:舘そらみ小瀧万梨子

ステージナタリーをフォロー