ステージナタリー

映画「美女と野獣」吹替版キャスト集結!昆夏美&山崎育三郎ら念願の出演に喜び

815

映画「美女と野獣」プレミアム吹替版キャスト発表会の様子。左から濱田めぐみ、藤井隆、吉原光夫、村井國夫、昆夏美、山崎育三郎、岩崎宏美、池田優斗、成河、小倉久寛、島田歌穂。

映画「美女と野獣」プレミアム吹替版キャスト発表会の様子。左から濱田めぐみ、藤井隆、吉原光夫、村井國夫、昆夏美、山崎育三郎、岩崎宏美、池田優斗、成河、小倉久寛、島田歌穂。

ディズニー・アニメーションを実写化した映画「美女と野獣」の“プレミアム吹替版”キャスト発表会が、本日1月31日に東京・マンダリン オリエンタル 東京で行われ、ベル役の昆夏美、野獣役の山崎育三郎ら11名が登壇した。

昆と山崎のほか、モーリス役を村井國夫、ポット夫人役を岩崎宏美、チップ役を池田優斗、ルミエール役を成河、コグスワース役を小倉久寛、プリュメット役を島田歌穂、ル・フウ役を藤井隆が担当することが明らかに。また劇団四季の舞台版にも出演していた吉原光夫が同じくガストン役、濱田めぐみがマダム・ド・ガルドローブ役で出演する。

発表会の冒頭では、チェロとピアノの生伴奏に乗せて、「美女と野獣」のテーマソングをキャスト全員で歌唱。歌い終えた山崎は感慨深げに会場を見渡し、「幼い頃、サンタクロースに『野球のグローブが欲しい』と手紙を書いたところ、ディズニーのビデオがたくさん置いてあったのがディズニーとの出会いでした。それからテープがちぎれるくらい何百回も観てきました」とディズニー作品への思い入れを明かす。

「美女と野獣」の大ファンだという昆は「こうして作品に携わることができて大変光栄に思いますし、人生何が起こるかわからないという、うれしい驚きでいっぱい」とコメント。また、これから行われるアフレコに向け、「ベルはディズニープリンセスの中でも芯が強く、自立した部分が描かれているキャラクター。そういった部分も考えながら収録していきたいです」と意気込みを述べた。

劇団四季版「美女と野獣」のベル役でデビューした濱田は当時を振り返り、「この作品は私の中で切っても切り離せない、自分が帰るべき場所。思い出の宝箱に入っている宝石のような作品」と熱弁し、劇団四季時代に同じガストン役を演じた吉原は「濱田さんと一緒で、幸せだったなという思い出があります」と述懐。またこの流れに乗じた村井が「私が四季にいた頃は…」と冗談を言い、会場の笑いを誘った。

成河は自身の役どころについて「ルミエールという役はディズニー映画には欠かせないおどけた案内係。観ていただいたすべての人に愛していただけるような大好きな役なので大切にしたい」とコメント。島田は「素晴らしい皆さまと一緒に吹替に参加させていただいて、胸がいっぱいです。この役は羽箒に姿を変えられた女性の役。羽のように軽やかに奔放に、そしてちょっとセクシーに演じさせていただきます」と意欲を見せる。

発表会の終盤には、監督のビル・コンドンより吹替版キャストへ向けたメッセージ映像の上映も。「(オリジナルキャストに)引けをとらないプレミアム吹替版キャストの声を聴いてとても興奮しています」「特別な吹替版になると確信しています」というコンドンの言葉を受け、昆は「身が引き締まる思いです」と背筋を伸ばす。最後に山崎が「この作品は単なる実写版ではありません。今後100年語り継がれるエンタテインメントになります」と観客にアピールし、発表会を締めくくった。

4月21日に公開される映画「美女と野獣」は、父の身代わりとして野獣の城に捕らわれたベルが、次第に野獣と惹かれ合っていくさまを描いた物語。実写版ではベルをエマ・ワトソン、野獣をダン・スティーヴンス、ガストンをルーク・エヴァンスが演じる。

(c)2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

ステージナタリーをフォロー