ステージナタリー

「キンキーブーツ」来日版に小池徹平&三浦春馬来場「先陣切って楽しみたい」

775

ブロードウェイ・ミュージカル「キンキーブーツ」来日版より、初日レッドカーペットの様子。左から小池徹平、三浦春馬。

ブロードウェイ・ミュージカル「キンキーブーツ」来日版より、初日レッドカーペットの様子。左から小池徹平、三浦春馬。

ブロードウェイ・ミュージカル「キンキーブーツ」来日版が、本日10月5日に東京・東急シアターオーブにて開幕。7月から9月にかけて上演された日本版「キンキーブーツ」でダブル主演を務めた小池徹平三浦春馬が会場に駆けつけた。

三浦は「本当に楽しみにしてました! 僕たちが先陣を切って楽しみたいと思います」と笑顔でコメント。続いて、8月23日に放送されたテレビ番組「キンキーブーツ完全攻略SP~最高のハッピーをあなたに~」でナビゲーターを務めたはるな愛も登壇し、「(キンキーブーツは)絶対見逃せないよねー!」と集まった観客の声援に応えた。

きらびやかな衣装に身を包んだヴィヴィアン佐藤らドラァグクイーンたちは「せーの、『キンキーブーツ』最高ー!」とアピール。このほか日本版演出協力ならびに上演台本を担当した岸谷五朗や、訳詞を務めた森雪之丞をはじめ、日本版キャストの玉置成実、白木美貴子、施鐘泰(JONTE) も続々登場した。

父が突然亡くなり、傾きかけた靴工場を急に相続することになったチャーリーが、ドラァグクイーン専用のブーツを作り上げる行程を描いた「キンキーブーツ」。イギリス映画をミュージカル化した本作は、ジェリー・ミッチェルが演出・振付、トニー賞ミュージカル部門脚本賞受賞者でもあるハーヴェイ・ファイアスタインが脚本を手がけ、シンディ・ローパーが全曲を書き下ろした話題作だ。

また2013年にはトニー賞で作品賞をはじめ6部門を受賞する快挙を成し遂げ、その後、ロンドン・ウエストエンドや、カナダ、韓国などでも上演。さらに今年は、日本人キャストとUSツアーキャストの2カンパニーによる上演で注目を集めている。

ブロードウェイ・ミュージカル「キンキーブーツ」来日版の東京公演は、10月30日まで。大阪公演は11月2日から6日まで大阪・オリックス劇場にて行われる。

ブロードウェイ・ミュージカル「キンキーブーツ」来日版

2016年10月5日(水)~30日(日)
東京都 東急シアターオーブ

2016年11月2日(水)~6日(日)
大阪府 オリックス劇場

脚本:ハーヴェイ・ファイアスタイン
音楽・作詞:シンディ・ローパー
演出・振付:ジェリー・ミッチェル
出演:J.ハリソン・ジー、アダム・カプラン、ティファニー・エンゲン、アーロン・ウォルポール ほか

初日レッドカーペット 参加者

小池徹平三浦春馬岸谷五朗、森雪之丞、はるな愛、久住健斗、勝田朝陽、與名本睦、岩間甲樹、井上福悠、橋本悠希、玉置成実、白木美貴子、施鐘泰(JONTE) 、穴沢裕介、森雄基、風間由次郎、森川次朗、遠山裕介、浅川文也、友石竜也、佐々木誠、高原紳輔、中村百花、丹羽麻由美、舩山智香子、清水隆伍、加藤潤一、小池成、渡部又吁、吉岡里奈、石田ニコル八木アリサ、立花恵理、本間朋晃、道標明(田口隆祐)、アルピーナ、ヴィヴィアン佐藤、エスムラルダ、おりぃぶぅ、バブリーナ、マダムレジーヌ

ステージナタリーをフォロー