ステージナタリー

「ライ王のテラス」宮本亜門が鈴木亮平に「三島由紀夫もこの筋肉には嫉妬」

130

「ライ王のテラス」囲み取材の様子。左から宮本亜門、鈴木亮平。

「ライ王のテラス」囲み取材の様子。左から宮本亜門、鈴木亮平。

「ライ王のテラス」が本日3月4日に東京・赤坂ACTシアターにて開幕する。

カンボジア最強の王と言われる実在した人物を主人公に、史実にフィクションを加え描いた三島由紀夫の戯曲を、宮本亜門が手がける本作。ジャヤ・ヴァルマン七世王を鈴木亮平が、第一王妃を中村中が、第二王妃を倉科カナが演じる。

初日に先駆け昨日3月3日に行われた囲み取材には、演出の宮本と主演の鈴木が登壇し意気込みを語った。宮本は「三島さんが亡くなる1年くらい前の作品なので、彼の人生の思いとか、体験、自問自答がぎゅうぎゅうに詰まってる。舞台にするのはめちゃめちゃ難しかった」と苦労を語るも、「三島さんに観せたいと思えるような、新たな『ライ王のテラス』に仕上がったと思います」と自信を見せた。

続けて「三島由紀夫もこの筋肉には嫉妬してると思いますよ」と鈴木の鍛えぬかれた筋肉に賛辞を送ると、鈴木は「まさかこの格好で記者会見することになるとは夢にも思わなかった」と布面積の小さい自身の衣装をいじり、記者たちの笑いを誘う。「稽古場でも途中から一人で脱いでましたよね? 役に入るために」と宮本から追加の情報が出ると「周りの人が、僕が急に脱ぐと緊張しちゃうと思うので、慣れてもらうために前もって稽古場から脱いでおきました」と鈴木が答え、共演者たちへの気遣いを感じさせた。

そんな鈴木は今回、現代と違う言葉使いにどう感情を乗せていくかについて一番苦戦したと言う。さらに「長ゼリフが9個あります!」と訴えると、宮本は「プレッシャーになるから数えるなって言ったのに!(笑)」とツッコミ。鈴木が「だって亜門さん、今は穏やかな顔で会見してますけど、さっきまで鬼の形相でしたからね?」と稽古場の様子を明かすと「じゃないとできないですよ、これ(笑)。書いた人が本気だから」と宮本が返し、この脚本を扱う意気込みを見せる。

舞台の見どころについて、鈴木は「劇場に入って、照明などの亜門さん演出が入ると、本当に中世カンボジアに来たような気がしてびっくりしました」と語る。「特に今回カンボジアのダンサーの方からサーカスの方まで、実際に亜門さんが現地でオーディションをして呼んでいるので、あのパフォーマンスには本当に感動します」と絶賛。さらに「自分が登場するところまでは客席で観ていて、王様が、つまり自分が、影絵で登場するんですけど、それを見て『うわー!王様!』ってなりました。僕なんですけど(笑)」と、うれしそうに付け加えた。

最後に鈴木からは「豪華絢爛な舞台になっております。僕の大好きな世界遺産でもある、アンコール遺跡を作り上げた王と、その王宮での物語です。本当に当時のアンコール朝にタイムスリップしたような気分になる舞台です。ぜひ観に来てください」とコメントが。宮本は「シリーズ化するんじゃないのって変な噂が流れてるけど、これは鈴木亮平の世界遺産第1作じゃありません(笑)。三島由紀夫の文学がぐーっと入って、カンボジアの良さも日本の良さもぎゅう詰めに入ってる作品です。是非劇場に観に来て、体感してください。熱いです!」と、会見を締めくくった。

「ライ王のテラス」は3月4日から17日まで上演。鈴木が鍛え上げた肉体で、猛々しい王が病に倒れるまでを熱演。カンボジアのダンサーたちの妖艶な舞やプロジェクションマッピングによる演出など見どころが満載な内容となっている。3月15日のソワレ公演も追加された。

ライ王のテラス

2016年3月4日(金)~17日(木)
東京都 赤坂ACTシアター

作:三島由紀夫
演出:宮本亜門
出演:鈴木亮平倉科カナ中村中吉沢亮大野いと / 芋洗坂係長澤田育子市川しんぺー長江英和赤星満 / 神保悟志鳳蘭 ほか

ステージナタリーをフォロー