お笑いナタリー

NON STYLE、優勝賞金1億円はファンに還元

本日3月19日(金)に開催されたお笑いコンテスト「S-1グランドチャンピオン2010 今夜決定!夢の1億円を手にする芸人は?」(日本テレビ・読売テレビ系)でNON STYLEが2932組の頂点に立ち、優勝賞金1億円を手にした。

番組では、NON STYLEはバーカウンターでナルシストの男がキザにカクテルを注文するコントと、さくらんぼに扮した2人の別れ話を描いた恋愛コントの2本のVTRを披露。それぞれ携帯電話ユーザーからの投票で144563票、250327票を獲得して勝利を飾った。

放送終了後に行われた囲み取材に登場した2人は今回の優勝について、「まだ実感はないが、第1回のチャンピオンになれてうれしい」(井上)、「まさか優勝できるとは思わなかったので、驚きでいっぱいです。『M-1』と違って、今回はチーム全員で勝ち取った優勝。手伝ってくれたスタッフに感謝します」(石田)とまだ信じられないような表情を浮かべながら淡々と喜びを語った。

気になる1億円の使い道は「僕らはファンに支えられて続けてきたので、無料ライブなどでファンに還元したい」(井上)とコメント。記者からは、自分たちのために使わないのかと何度も質問が相次いだが、一貫して「ファンへの恩返し」を強調した。

なお、「S-1バトル」は4月から第2シリーズに突入する。お笑いファンは今後の動きにも注目しよう。

会見一問一答

──おめでとうございます!

2人:ありがとうございます!

井上:まったく実感がないというか……。

石田:認めていただいたことはうれしいですけど……。想像もできないような賞金をいただけるということで。

井上:お金はともかく、昨年M-1グランプリに挑戦して負けてしまったので、2010年、勝利からはじめることができてうれしいですね。

──(石田に)顔色が青いですけど、大丈夫ですか?

石田:驚きでいっぱいです。

井上:出演されている方々は先輩ばっかりだったんで、僕らはてっきり最初で負けると思っていました。まさか優勝できるとは思っていなかったので、ソフトバンクさんには足を向けて寝れないなと。

石田:M-1と違うのは、僕たちだけじゃなくて制作会社の方とか編集マンの方とか、いろんな人と協力し合ってチーム全員で勝ち取った優勝だと思っています。

井上:『エンタの神様』のNON STYLEチームで作らせてもらったんで、バラエティって素晴らしいものなんだということがテレビを見ている人に伝われば幸いです。

石田:M-1と違って、僕らスタジオでは何もしなかったんです。2週間前にできあがっていた映像なんで、ほんとに編集してくださった方々に感謝したいです。

──気になる1億円の使い道は?

井上:獲るとは思ってなかったんで……。

石田:自分が1億円獲ると思って出場した人はいないと思うんですね。ほんとに想像もつかないですし……。

井上:でも、僕らに投票してくれた人や番組を見てくれた人、ファンに支えられて芸人を続けてこられたので、なにかしらの形でファンの方々に恩返ししたいなと。月間チャンピオンになったときは、無料でステッカーをプレゼントしたので、1億円を使った無料ライブとか、お笑いを愛してくれている人たちに恩返しできたらと思っています。

──ほんとですか?

井上:本当です。お金のために戦っていたわけではなく、S-1バトル優勝の名誉を勝ち取るために戦ったので、優勝賞金は関係ないです。

──これからは「1億円芸人」として見られますよ?

石田:そこなんですよね。でも、僕らが使い切れるような金額ではないので、イベントとかで使いたいです。

──今日の夜は使わないですか?

井上:(夜)10時からインターネットの放送があるんですよ。ギャランティ1万5000円のネット放送ですよ!

石田:僕たち、そういうところでがんばっていかないとダメですから!

井上:しかも吉本興業の本社で細々と!

石田:空調が効かないんですよ(笑)。

──M-1、S-1に続いて出るものは?

石田:井上さんがK-1に出ます。

井上:出ません、出ません、端正な顔が崩れるでしょ!

(一同、笑)

お笑いナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】