お笑いナタリー

ココリコ田中&松橋周太呂、海洋生物守る取り組みを広めていきたい

70

左から松橋周太呂、ココリコ田中。

左から松橋周太呂、ココリコ田中。

昨日10月17日、「サステナブル・シーフード・ウィーク2017 スペシャルイベント」と題されたイベントが都内で開かれ、ココリコ田中と松橋周太呂が出席した。

このイベントは公益財団法人世界自然保護基金ジャパン、海洋管理協議会、水産養殖管理協議会ジャパンが海洋生物を保護する取り組みの一環として実施したもの。「サステナブル・シーフード」とは、人間が魚を食べ続けられるように、乱獲や自然破壊が起こらない方法で獲られた魚を使った食べ物のことで、イベントでは田中らが改めてこの概念を学んだ。

途中には松橋がサステナブル・シーフードを使った料理「サーモン、ホタテ、カニカマのレモン山椒マリネ」「銀鮭とホタテのバターソテー浅漬けタルタル添え」を田中に振る舞うひと幕も。田中はその味を「マリネ、すごくおいしい! 味付けは爽やかなのに、食べ応えがあります。タルタルソース添えもいいアレンジだと思いますよ。サステナブル・シーフードともすごく合ってますね」と絶賛した。

サステナブル・シーフードに関するさまざまな知識を得た田中は「スーパーなどでサステナブル・シーフードを選ぶことで、世界の海を守ることに繋がっていくと思うので、1人でも多くの人に広めていきたい」とコメント。また松橋は「サステナブルって言葉がカッコいいですよね。『サステナブってるねー』という感じで流行りそう。LINEスタンプを作れば若い子にもウケると思いますよ」と新たなPR方法を提案していた。

お笑いナタリーをフォロー