お笑いナタリー

悲しい思い出詰まった平野ノラの写真、ひふみんが絶賛「唯一無二」

30

左から加藤一二三、平野ノラ。

左から加藤一二三、平野ノラ。

本日10月16日、映画「バリー・シール/アメリカをはめた男」の公開直前イベントが都内で行われ、平野ノラと加藤一二三が登壇した。

10月21日(土)に全国公開される「バリー・シール/アメリカをはめた男」はCIAエージェントと麻薬の運び屋という2つの顔を持っていた実在の航空機パイロット、バリー・シールの数奇な運命を描く作品。トム・クルーズがバリーを演じ、「オール・ユー・ニード・イズ・キル」でもトムとタッグを組んだダグ・リーマンが監督を務める。

“ぶっ飛び宣伝隊長”として本作のCMに出演している平野は、劇中のバリーをイメージしたサングラスをかけて登場。「ギロッポンからシルビア飛ばしてきました! バブリー芸人のゲロまぶい平野ノラです。ヤッピー!」と冒頭からバブリー口調全開で挨拶した。

トークパートでは、トムが体を張ったスタントに挑戦していることについて平野が「トムといったら空だし、空といったらトムだよね! 天才パイロット役ということで、鬼気迫る操縦シーンがずっと続くんですよ。トムとはいつかバブリーな放物線を描きたいと思いました」とコメント。また加藤も「普通だったらですね、離陸距離が短いところでは飛べないはずなのにですね、劇中で順調に飛び上がっていくところは興奮しましたね」と語った。

イベント中には、平野と加藤が大きな樽に剣を刺していく黒ひげ危機一発風のゲームに挑戦し、敗者となった平野が過去に撮った着物姿の写真が公開されてしまう場面も。平野は「傷心中に1人で京都旅行に行ったんですよ。失恋して愁いを帯びた自分を残しておこうと、あんみつ姫の姿できれいに写真を撮ってもらうことにしたんですけど、仕上がりがこれだったので、何もなかったかのように帰りました」と悲しげに当時を振り返るが、加藤は「とてもお美しくて、とても優雅で、素敵ですよね。これは唯一無二の記念すべきお写真ですね」と写真を絶賛していた。

(c)Universal Pictures

お笑いナタリーをフォロー