お笑いナタリー

ナイツがリカルデントガムPRに強い使命感、塙「漫才協会の半分は歯がない」

148

左からナイツ塙、鈴木奈々、ナイツ土屋。

左からナイツ塙、鈴木奈々、ナイツ土屋。

ナイツがシュガーレスガム「リカルデント」の新キャンペーンのアンバサダーに就任。本日9月14日に都内で開催された同商品の「キャンペーンアンバサダー就任記念イベント」に登壇した。

本日スタートしたキャンペーンの特設サイトでは、歯の健康を守るガムとしておなじみのリカルデントを題材にしたナイツの漫才動画「リカルデントをヤホーで調べました。」や、6秒ほどのショートムービーなどが公開中。また動画内で出題されるクイズに解答した人に抽選でプレゼントが当たる施策も行われている。

イベントでは、塙がアンバサダーに就任した心境について「強い使命感に燃えています。歯がないとしゃべることも難しいですからね。漫才協会の会員の半分くらいは歯がないんです」とコメントし、土屋も「残る半分の歯を守るためにもリカルデントを!」と力強く商品をPR。一方で塙は「(寄席の)お客さんも8割、歯がないんですけどね」と語り、土屋から「お客さんのほうがないのかよ!」とツッコまれていた。

またナイツはアンバサダー就任を記念し、スペシャルゲストの鈴木奈々を迎えたトリオ漫才を披露することに。言い間違いの“ヤホー漫才”をベースにしながらも、最後には塙と鈴木が「歯を丈夫にするダンス」を踊るという暴走気味の展開を見せ、会場を沸かせていた。

漫才を終えた塙は「僕らの漫才には動きを加えてくれる人がいなかったので、より面白くなりましたね。内海桂子師匠と3人で漫才することがあるんですけど、それよりもやりやすかった(笑)」と鈴木を褒めるが、鈴木本人は「本当ですか!? というか師匠よりも!? 怒られますよ!」とやや心配そうな表情を浮かべる。また司会から「鈴木さんに点数をつけるとしたら?」と聞かれた塙が「100点満点中……100点です!」と答えると、土屋は「特にボケないんだね」と苦笑い。これに対して塙は「長い芸人生活の中で、点数ボケはどうやったって面白くならないと悟りました。こういうときは100点と答えるのがいいんです」と冷静に語り、取材陣の笑いを誘っていた。

お笑いナタリーをフォロー