お笑いナタリー

アンガ山根やブリリアンらキャリアウーマン大喜利、中山秀征50歳記念ライブ

87

「50th Anniversary Live」に出演した中山秀征(中央)とジャナイズ5。

「50th Anniversary Live」に出演した中山秀征(中央)とジャナイズ5。

昨日9月9日、東京・恵比寿ザ・ガーデンルームにて開催された中山秀征の50歳記念ライブ「50th Anniversary Live」に、アンガールズ山根、フォーリンラブ・ハジメ、ザブングル松尾、ブリリアンの5人が「ジャナイズ5」として出演した。

中山のカバーアルバム「50(フィフティ)」の発売に伴い、同じ事務所の後輩である“じゃないほう芸人”たちがジャナイズ5を結成し、中山の歌う「星降る街角」のミュージックビデオに登場したのは既報の通り。MVに出演したメンバーとは一部異なるが、昨日のライブでもジャナイズ5は「星降る街角」や「よせばいいのに」といった曲を中山と共に披露した。

ライブの序盤には、with Bとして知られるブリリアンにちなんだ「キャリアウーマン大喜利」がメンバー紹介を兼ねて実施され、ハジメ、松尾、山根の順に“じゃないほう芸人”ならではの自虐ネタを繰り出していく。中山自身も上京した頃のニックネームが、出身地そのものの“グンマ”だったことを明かして会場の笑いを誘った。

また倖田來未に扮したやしろ優が、この日限りのユニット「ヒデ&くぅちゃん」を中山と組み、デュエット曲「別れても好きな人」を披露するコーナーも。そのほか松本明子、マルシア、吉田栄作、フィンガー5の晃がステージに登場し、アンコールでは中山やジャナイズ5がフィンガー5「学園天国」を晃と共に歌い上げた。

お笑いナタリーをフォロー