お笑いナタリー

バカリズム、“超大作”120分ワンカット紀行に大満足「ほころびも楽しめる」

377

左からバカリズム、内田理央。

左からバカリズム、内田理央。

バカリズムの30分ワンカット紀行」(BSジャパン)の特番「バカリズムの30分ワンカット紀行~鎌倉から江の島まで120分ワンカットSP~」が9月16日(土)に放送される。

「バカリズムの30分ワンカット紀行」は毎回1つの街にスポットを当て、その街の人の協力を得て作り上げたユニークなワンカット映像をバカリズムと内田理央がコメントしながら鑑賞するというもの。特番では鎌倉から江ノ電に乗り江の島を目指す様子が120分ワンカットで届けられる。途中にはさまざまな人物やキーワードが登場するので細部まで注目を。

本日9月4日にバカリズムと内田によるコメントパートの収録が行われ、2人はその後の取材会にも出席。バカリズムは「120分の映画を見終わったあとの満足感がありました。いつもの30分を引き延ばした感じじゃなくて、別物の超大作として楽しめました」と感想を述べ、内田は「想像を超えていました。どこまでがアクシデントでどこまでが演出なのか、まだわかっていません(笑)」と興奮を語った。

通常よりもグレードアップしている仕掛けには、「いつもの4倍の尺なので、視聴者を飽きさせない、いろんな保険がかけてあった(笑)」とスタッフの努力を賞賛するバカリズム。手作り感も見どころで、「たまに垣間見えるほころびも楽しめますね」と笑った。また120分の枠をどう使うか現場のディレクター陣に任せたという伊藤隆行プロデューサーは、「まさかやるわけないと思ったら120分ワンカットでいくという(笑)。やるのはいいけども、できねえだろうなと思ってたんですけど、できてましたね。すごいことになってます」と手応えを明かしている。

なお特番放送を記念し、これまでの放送回がネットもテレ東で配信されるのでこの機会にチェックしてみては。

バカリズムの30分ワンカット紀行~鎌倉から江の島まで120分ワンカットSP~

BSジャパン 2017年9月16日(土)21:00~22:55
<出演者>
バカリズム / 内田理央

お笑いナタリーをフォロー