お笑いナタリー

磁石がホリプロガチバトル優勝「なすなかにしくらいうまい漫才できた」

378

漫才を披露する磁石。

漫才を披露する磁石。

磁石が本日8月26日、東京・尚美ミュージックカレッジ専門学校 バリオホールにて開催された「ホリプロ2017ガチバトル!」で優勝し、賞金30万円を獲得した。

「ホリプロ2017ガチバトル!」は、ホリプロコムに所属する芸人28組によるトーナメント形式の勝ち抜きネタバトル。審査員はスピードワゴン小沢、大林素子、放送作家の元祖爆笑王が務めた。前回優勝者のななめ45°によるMCのもと、予選では芸人たちが4グループにわかれて3分ネタで勝負。観客投票と審査員票を合計した結果、磁石、ユーマ、きつね、ダブルブッキングが決勝に進出した。

決勝戦では、トップバッターのユーマがオネエキャラを生かした際どいショートコントでしっかり笑いをとり、続くきつねが歌謡漫談とダンスミュージックを融合させたネタで客席を盛り上げる。3組目のダブルブッキングは旅館を舞台としたブラックなコントで会場を自分たちの空気に。トリの磁石は決闘を題材にした漫才で次々と大きな笑いを起こし、実力を見せつけた。

優勝者が発表されると磁石・永沢は「よっしゃー!」と喜びを爆発させ、佐々木は「やってて楽しかったし、なすなかにしくらいにうまい漫才ができた」と冗談混じりにコメント。また永沢は「M-1とかに出られないからすべてをこれに懸けた(笑)。2カ月前からこの大会に向けてネタを練習したところはないでしょう」と勝因を分析した。そんな2人に審査員の小沢は賞金ではなく、なぜかハンバーガーをプレゼント。この自由奔放なボケに佐々木は「俺、いつかこの人をぶん殴ると思う」とリアクションし、場内の笑いを誘っていた。

「ホリプロ2017ガチバトル!」出場者

●Aグループ
ベビーシムズ / レオン / ユーマ / ヤングウッズ / HENHEN事変 / フール / アルゴンキン

●Bグループ
ブランドアップ / 少年マングース / ラリゴ / あま福 / ホタテーズ / 磁石 / さんだる

●Cグループ
真夜中クラシック / ヒデヨシ / 知念 / ブギープレデターズ / もんきーちゃんねる / きつね / グリーンランプ

●Dグループ
マイペース / ダブルブッキング / シュテンドウジ / 青猿 / メルヘン須長 / パンプキンポテトフライ / オキシジェン

お笑いナタリーをフォロー