お笑いナタリー

「全組が土砂降りのようにウケた」K-PRO真夏の最強ネタ決定戦、優勝は磁石

355

「真夏の最強ネタ決定戦2017」で優勝した磁石。

「真夏の最強ネタ決定戦2017」で優勝した磁石。

昨日8月22日、賞金10万円をかけたK-PRO主催のネタバトル「真夏の最強ネタ決定戦2017」が東京・座・高円寺2で開催され、磁石が優勝した。

これは、芸人たちがK-PRO最強の座と賞金を懸けて、観客投票制のネタバトルに挑むライブ。昨日はモグライダーによるMCのもと、磁石、チーモンチョーチュウグランジなすなかにしジョイマン、さすらいラビー、鬼ヶ島トンツカタントップリードオジンオズボーン三拍子マシンガンズジンカーズダブルブッキングPOISON GIRL BANDヤーレンズが出場した。

バトルはモグライダー芝が「全組が土砂降りのようにウケていた」と語るほど、大爆笑の連続に。あまりの熱気にマシンガンズ西堀は登場するなり「なんか皆さん、狂ったように笑いますね。そんなに普段楽しいことないですか!?」「笑いが起きすぎて緊張してきたよ! そんなつもりで家を出てないよ!」と言い放つ。また、一世を風靡したジョイマンのラップネタでは客席から大きな歓声が。モグライダーの2人は「初めてかもね、生で『なんだこいつー!?』を見れたの」「生は(高木が)思ったより跳ぶんですね」とはしゃいでいた。

企画コーナーを挟み、いよいよ結果発表の瞬間になると、鬼ヶ島・アイアム野田やオジンオズボーン篠宮がMCの前に出てきてボケるという、「ノーセンスユニークボケ王」を彷彿とさせる展開に。篠宮は「ジョイマン!」と嘘の優勝者の名前を叫ぶが、芝は「ジョイマン、鬼ヶ島の優勝はありません!」と鬼ヶ島を巻き込んで笑いを誘う。

改めて磁石の優勝が発表されると、野田は「企画コーナーで面白いこと言わなかったくせによお!」と文句を言うが、磁石・佐々木から「お前スベってたじゃねえかよ!」と一蹴されていた。なお今回は2位がダブルブッキング、3位がヤーレンズ、4位がトップリード、5位がさすらいラビーという結果。ホリプロコムに所属する芸人のワンツーフィニッシュとなった。

磁石には副賞として、優勝賞金111万のお笑いコンテスト「TOP1グランプリ」決勝戦の出演権も与えられている。この大会の決勝が12月2日(土)に千葉・幕張メッセ コンベンションホールで行われるのは既報の通りだ。

お笑いナタリーをフォロー