お笑いナタリー

ゆりやんが犬の通訳として映画イベント登壇、キャッチボールのお誘い受ける

76

左からゼウス、ゆりやんレトリィバァ。

左からゼウス、ゆりやんレトリィバァ。

本日8月17日、映画「僕のワンダフル・ライフ」のPRイベントが都内で行われ、ゆりやんレトリィバァが出席した。

9月29日(金)に全国公開される「僕のワンダフル・ライフ」は、愛犬を亡くした恋人のためにW・ブルース・キャメロンが書いた小説「野良犬トビーの愛すべき転生」をもとにした物語。命の恩人である飼い主・イーサンと会うために転生を繰り返す犬・ベイリーの姿が描かれる。

イベントにはゴールデン・レトリバーのゼウスが登場し、作品のアンバサダーならぬ“ワンバサダー”に就任した。“レトリィバァ”つながりで召集されたゆりやんは、犬のコスチュームに身を包み、ゼウスの通訳とアシスタントを担当。冒頭では「今日は本来の姿で登場させていただきました。普段は人間の格好してるんですけれど」と挨拶し、場内の笑いを誘った。

ゼウスが映画のPRコメントを求められると、ゆりやんは「犬を飼っている人、飼っていた人、これから飼いたいと思っている人、もちろんそうじゃない人も、全員観ていただきたい。涙なくしては観られない映画だって……おっしゃってます」と代弁。さらに「本当に心も洗われますし、昨日は体も洗われました……」と犬ならではのジョークも通訳してみせる。続いてゼウスに「キャッチボールをしないか」と提案されたというゆりやんは、一緒にボール遊びをすることに。見事な瞬発力でボールをキャッチするゼウスの姿に「すごいね! さすが宣伝ワンバサダー」と感心しきりだった。

(c)2017 Storyteller Distribution Co., LLC and Walden Media, LLC

お笑いナタリーをフォロー