お笑いナタリー

マユリカ「ytv漫才新人賞決定戦」予選会1位通過「きれいになって挑みたい!」

232

「ytv漫才新人賞決定戦」への進出を決めたマユリカ。左から阪本、中谷。(c)読売テレビ

「ytv漫才新人賞決定戦」への進出を決めたマユリカ。左から阪本、中谷。(c)読売テレビ

マユリカロングコートダディが今年度末に開催予定の「ytv漫才新人賞決定戦」への進出を決めた。

これは昨日7月14日深夜に放送された「漫才Lovers~ytv漫才新人賞選考会 ROUND1~」(読売テレビ)で決定したもの。マユリカは「ytv漫才新人賞決定戦」の予選「漫才Lovers~ytv漫才新人賞選考会」初出場にして1位通過を果たした。披露したのは同じ高校を受験した幼なじみの男女という設定の漫才で、審査員を務めたお~い!久馬に「こういう設定はわりとあるが、中身が本当に面白かった。流れもよくできている」と評価されている。

予選会出場者を決める事前審査に2年ほど「全落ち」だったと明かしたマユリカ阪本。「強い先輩が卒業してくれたから(出場できたの)かも」「モニターに映った自分たちが小汚いし華がない」などと自虐的に話しつつ、「決定戦ではもっと華を出せるようにきれいになって挑みたい!」と意気込んでいる。相方の中谷は「まだまだ若いと思っていたら芸歴ももう7年目。賞レースの優勝がそろそろ欲しい」と闘志を燃やした。

また、2位で通過したのは結成9年目のロングコートダディだった。「タイムマシンで未来に行ってきた」と話す堂前とそれをワクワクしながら聞き入る兎の姿に引き込まれたという審査員の星田英利は「ずっと聞いていられるネタ」と絶賛。普段はコント中心のロングコートダディは「漫才で結果を出せてうれしい」(兎)、「ほかの漫才師さんとは違う味が出せると思う。これからもっと僕たちらしさを出していけたら」(堂前)とコメントしている。

「ytv漫才新人賞決定戦」は芸歴10年以内の漫才師を対象にした大会。予選会は3回行われ、各回から2組の決定戦進出者が選ばれる。昨日の「ROUND1」にはマユリカ、ロングコートダディ、からし蓮根、霜降り明星、きみどり、アキレスと亀、絶対アイシテルズ、ニッポンの社長、ダブルアート、セルライトスパ、どんぐり兄弟、プリマ旦那、ツートライブ、大自然、風穴あけるズが参加した。

お笑いナタリーをフォロー