お笑いナタリー

チュートリアル徳井プロデュースの新スイーツ発売「大覚寺カフェ」3年目も継続

270

チュートリアル

チュートリアル

昨日3月15日に京都・よしもと祇園花月にて実施されたイベント「ホワイトデーのあくる日ライブ~大覚寺カフェ芸人大集合&チュートリアルがチョコくれますSP~」に先立って囲み取材の場が設けられ、「大覚寺カフェ」の3年目継続が発表された。

大覚寺カフェは架空のカフェ(=大覚寺カフェ)を開き、多くの人に大覚寺の伝統や価値を伝えることを目的に2015年6月に立ち上げられたプロジェクト。チュートリアル徳井が店長、福田がシェフを務めており、開発したスイーツを販売するほか、笑い飯・哲夫による写経サークル「哲夫塾」や生け花サークルを展開するなど、大覚寺カフェを起点にさまざまな活動が広がっている。

本日3月16日には、チュートリアル徳井がプロデュースした新商品「京都のパティシエは、古刹やお笑いとコラボすることもある。」が大覚寺にて発売となった。これは京都フレーバーズとコラボした缶入りチョコレート商品。徳井は「しっとりとしておいしい」とアピールした。

また、大覚寺カフェで生け花を体験した女と男・和田ちゃんは、4月より新しく「和田塾」を実施するとアナウンス。一般からも参加を募ると共に、「若手イケメン芸人と花を生けたい」と抱負を述べた。なお「哲夫塾」は今後、テーマごとにカリキュラムを組んで年4回実施される。

お笑いナタリーをフォロー