お笑いナタリー

タモリ、ドラマ「天才バカボン」主題歌を歌う

953

ドラマ「天才バカボン」の主題歌を歌うタモリ(右)と、このドラマでバカボンのパパを演じるくりぃむしちゅー上田(左)。(c)日本テレビ

ドラマ「天才バカボン」の主題歌を歌うタモリ(右)と、このドラマでバカボンのパパを演じるくりぃむしちゅー上田(左)。(c)日本テレビ

来月3月放送のドラマ「天才バカボン」(日本テレビ系)の主題歌を、タモリが歌うことがわかった。

赤塚不二夫のマンガ「天才バカボン」が実写化され、バカボンのパパをくりぃむしちゅー上田が、バカボンをおかずクラブ・オカリナが演じるのは既報の通り。赤塚との間にただならぬ縁があることで知られるタモリは先日、アニメ版でおなじみの「西から昇ったおひさまが東へ沈む」から始まるテーマ曲のレコーディングに臨んだ。曲中の合いの手もすべてタモリが歌い、原曲の完コピが実現。なおレコーディング現場にはくりぃむしちゅー上田が駆けつけ、タモリと握手を交わした。

またドラマに出演する3人のキャストがこのたび明らかに。おまわりさん(高嶋政伸)の後輩を大野拓朗、バカボンのパパとママの初デートのシーンに登場する“その時代のイケメン”をえなりかずき、バカボンの友達を鈴木福が演じる。

栗原甚氏(演出・プロデューサー)のコメント

赤塚不二夫の傑作「天才バカボン」の初の実写ドラマ化が実現するという奇跡が起きたので、「せっかくだから主題歌にもこだわって、とにかくスペシャルな方にお願いしたい!」と考えました。レコーディングスタジオに来ていただいた際に、タモリさんに「なぜオファーを受けてくれたんですか?」と尋ねたところ、タモリさんは「赤塚先生の作品、しかも『天才バカボン』を実写化するのであれば、受けない訳にはいかないでしょう?」と照れながら答えてくれました。レコーディングでは、何回も歌っていただき、こちらがオッケーを出したあとも「もう1回、あの部分を歌い直したい」と納得のいくまで歌っていただき、大変感激しました。

お笑いナタリーをフォロー