お笑いナタリー

“究極”意味する永野DVD「Ω」、手掛けるのはGLAYのMV監督した清水康彦

366

永野の撮り下ろしDVD「Ω」が、5月18日にリリースされることが発表された。

タイトルや発売日はおろか、発売されることすら未定のまま予約が募集されていた永野のオリジナルDVD。ノルマ達成を受けて昨年12月、無事に制作されることがアナウンスされた。このたびタイトルと発売日のほか、本作を手掛ける人物が明らかに。永野は自身が出演したGLAYのミュージックビデオ「everKrack」の監督を務めた映像ディレクター・清水康彦とともに制作を開始し、その話し合いの中で「Ω」というタイトルが浮かび上がったと説明している。

なお期限内の予約数は1334枚に到達。事前に掲げた公約の「1500枚でDVDのエンドクレジットへの予約者の名前全員掲載」はクリアできなかったが、予約者への感謝を込めて実施することに。予約した人は手元に届くのを楽しみに待とう。また期限に関わらず、ポニーキャニオンの特設サイトから予約、購入すると限定特典として撮り下ろし動画付きフォトカード「Clip Photo」がプレゼントされる予定だ。

永野 コメント

永野オリジナルDVD、タイトルは「Ω」に決定しました。そう、「究極」です。
GLAYさんのMV「everKrack」でお世話になって以来親交を深めていました清水康彦監督との話し合いの中で「Ω」というタイトルが浮かび上がったのです(元々は「ヘルタースケルター」か「永野はCHA-CHA-CHA」を予定していました)。
これから制作陣全員で5月の完成へ向かって駆け抜けます。
「Ω」……その名に恥じない究極の内容、究極の画質、究極のサウンドを追求しなければ……。
なんやかんや言って来ましたが詰まる所スイスの腕時計ブランドを意識してるのかもしれませんね( ^ω^ )
完成を期待していてくださ~い!!

お笑いナタリーをフォロー

  • 読者アンケート実施中【お笑いナタリー】