お笑いナタリー

三四郎小宮敵だらけ!「キス我慢」公開初日

252

映画「ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE2 サイキック・ラブ」公開初日舞台挨拶の出演者たち。

映画「ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE2 サイキック・ラブ」公開初日舞台挨拶の出演者たち。

昨日10月17日に東京・新宿バルト9にて実施された映画「ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE2 サイキック・ラブ」の公開初日舞台挨拶で三四郎がMCを務めた。

「ゴッドタン」(テレビ東京系)発の話題作はこの日が公開初日。三四郎・小宮は登壇するなり「初日でしょう? ひとりさんやおぎやはぎさんが来るはずなのに、なにこれ三四郎って。おかしくないですか? この箸休めの日!」と自身がキャスティングされたことに疑問を呈する。2人とともに姿を見せた佐久間宣行監督は「三四郎を選んで来てくれたお客さんは本当にありがたい」と話した。

程なくして壇上には、成松慶彦、島崎映次、そして二瓶有加と水口亘のカップルという「ゴッドタン」おなじみの面々がシークレットゲストとして登場。小宮が「ほぼほぼ素人じゃねーか! 一般人の含有量が多い!」と指摘するが、相田は「ゴッドタン的には超豪華メンバーですよね」とフォローする。

三四郎を含めて彼らも本作のキャストであるため、1人ずつ挨拶をすることに。「キス我慢」企画の初期から活躍してきた成松は「どのくらい怖いか身体に染み込んでいる。お腹が痛くなるくらい(笑)。劇団ひとりさんが何をするかわからないので」と撮影を振り返る。その一方、とにかく口数の多い水口や常に喧嘩腰な島崎がなにかと小宮と敵対するため、場は次第に荒れ模様に。バチバチとしたやり合いに場内の笑いは絶えないが、小宮は「今日は敵が多いな!」と悲鳴を上げる。

さらに島崎による提案で、小宮は「アルファベット26文字や東京都23区を一息で言う」という番組でも盛り上がったチャレンジをすることに。アルファベットは「V」のところで息継ぎをしてしまい、東京都23区は成功したかのように見えたが結局は島崎に言いがかりを付けられる。この結果に小宮は「昨日2秒しか寝てない」という言い訳を披露したが、誰からも納得されず「火だるまじゃねーか!」とうなだれた。

一連のやりとりに佐久間監督の感想は「今後もトークショーとかやるけど、一番ひどいイベントだよね(笑)」。最後は「こういう人達と面白いものを作って、いろんな方々に観ていただければ感無量。これからもくだらないものをたくさん作っていきたいので、そのためにこの映画を当てたい。みなさんのお力添えをいただければ」とまとめた。

※文中、島崎映次の「崎」は「たちざき」が正式表記

お笑いナタリーをフォロー