お笑いナタリー

「編集に愛がある」赤羽が品川監督映画で適役ゲット

57

品川ヒロシ監督・脚本の映画「サンブンノイチ」(配給:KADOKAWA)が、既報の通り4月1日(火)に神奈川・川崎チネチッタほか全国にて上映される。お笑いナタリーでは本作に出演するジューシーズ赤羽に作品について話を聞いた。

「第6回沖縄国際映画祭」でゴールデンシーサー賞を獲得した本作。ブラックマヨネーズ小杉、藤原竜也、田中聖が川崎のキャバクラ・ハニーバニーを舞台に大金を巡って巻き起こす物語で、中島美嘉、窪塚洋介、池畑慎之介☆ら豪華俳優陣のほか、多くの芸人たちが出演している。

映画初出演となった赤羽は、小杉に似ている体型ということで大抜擢。現場では見た目通りの癒しキャラだった様子で、舞台挨拶などでは藤原らとの親密なエピソードも多く飛び出した。出番は多くないながらも重要な役柄をこなしている赤羽。これが仕事の幅を広げるきっかけとなるのか。ぜひ注目してみよう。

ジューシーズ赤羽のコメント

──映画のオファーをされたときはどういう状況だったんですか?

2012年12月に東京・SHIBUYA-AXで行われた「ing!to2013 ~iNFINITY nEXT gENERATION~」の司会が品川庄司さんで、品川さんが終わってから何人かの後輩を飲みに連れて行ってくれたんです。そのときに映画を撮るというお話をされていて、「赤羽は出そうと思ってる」と。マテンロウのアントニーもいたんですけど、肌の色が違ったので。初めて「太っててよかった」と思いました。

──映画初出演ということですが、品川さんからの演技指導は?

演技指導はあまりなかったんですけど、東京ダイナマイトの松田さんが僕に掴みかかるシーンで、品川さんが松田さんにこうやるんだよってお手本を僕にやられたときはチビりそうになりました。めちゃめちゃ怖かったです。あと、何度か舌を出すシーンがあるんですけど、それは品川さんから、小杉さんのあのスマイルに代わる何かということでやらせていただくことに。あの顔すごく好評なんです。

──現場の雰囲気はいかがでしたか?

すごく温かかったです。雰囲気がほんとによかった。

──普段の品川さんと品川監督の違いは?

品川さんの現場からおうちまでの車の運転をさせていただいたんですが、監督すごく寒がりで。撮影が真冬だったんですが、一度僕がダウンを着たまま車に乗ってしまって。車の中が30℃の設定なので暑くて、品川さんが寝てる間に1cmくらい開けたら、すごくかわいい声で「寒い」って(笑)。キュンとなりました。監督は照れ屋なので、演技について直接何か褒められたことはないんですが、完成した映画を観たら、すごくおいしくしていただいてて、編集に愛があるなと思いました。

──最後にお笑いナタリー読者にメッセージをお願いします。

初めて出させていただいた映画で、ちょい役ですけど結構重要な役なんで、映画自体も素晴らしいのでぜひ映画館で観ていただきたいです。

■映画『サンブンノイチ』予告編

お笑いナタリーをフォロー