お笑いナタリー

ヒデ&きんに君、田中理恵らの五輪トークに笑い添える

21

昨日2月23日に東京・有明イーストプロムナードほかにて行われた「東京大マラソン祭り2014」のトークショーに、ペナルティ・ヒデ、なかやまきんに君が出演した。

「東京大マラソン祭り」は、同日開催された「東京マラソン2014」のランナーを応援するため、音楽演奏やダンスなど数々のパフォーマンスが行われたイベント。2人は、昨年2013年に現役を引退した元体操選手の田中理恵、元バレーボール選手の大山加奈、トランポリン日本代表の上山容弘選手と外村哲也選手の4名とともに、オリンピックや海外などをテーマにトークを展開した。

田中理恵らが海外で行った東京オリンピック招致活動の話から、きんに君もアメリカでの“筋肉留学”の体験談を披露。英語のLとRの発音の違いを示すため「アーノルド・シュワルツェネッガー」とゆっくりつぶやいて見せると、選手たち4名もたまらず吹き出す。オリンピックで緊張したという彼らの話には、ヒデが「とんでもない重圧と戦ってらっしゃるんですね!」と驚愕。さらに「うちの相方は42歳で未だにスタジオで緊張する」とワッキーの話題を出して観客の笑いを誘った。

ちなみに当日の会場はやや肌寒い気候だったが、きんに君は筋肉を見せるため序盤からタンクトップ姿。「このタンクトップは冬用。いっさい寒くないです!」と気合を入れてみせる。しかし途中でヒデに「鳥肌が気になってしょうがない」と指摘され、きんに君も終盤には「実は寒かった」とあえなく告白していた。

お笑いナタリーをフォロー