「うたパス」PR

音楽ナタリー Power Push - 「VIVA LA ROCK 前夜祭」特集 Creepy Nuts / BRADIO(真行寺貴秋)

Creepy NutsとBRADIO(真行寺貴秋)が語るビバラへの思い

5月3~5日に埼玉・さいたまスーパーアリーナで行われる「VIVA LA ROCK」。本編開催前日の5月2日には、「auスマートパス・うたパスpresents『VIVA LA ROCK 2017 前夜祭』」が実施される。昨年は屋外で行われたこの前夜祭、今年はauスマートパス・うたパスとコラボレートし、屋内ステージ(CAVE STAGE)に場所を移して25歳以下の「auスマートパス」および「うたパス」会員1200名を招待して実施される。

音楽ナタリーでは「VIVA LA ROCK 2017 前夜祭」に向けて、特集を企画。第1弾では前夜祭および本編に出演するCreepy Nuts(R-指定 & DJ 松永)とBRADIOの真行寺貴秋(Vo)それぞれのインタビューを掲載する。

取材・文 / 田山雄士 撮影 / 須田卓馬

Creepy Nutsインタビュー

一発かましてやりたい

──Creepy Nutsは2016年の「VIVA LA ROCK」前夜祭に続いての出演になります。

DJ 松永 去年はRさんが出演翌日に地元の大阪で幼なじみの結婚式だったんで、バタバタしてたよね(笑)。

R-指定 もっと楽しみたかったのに、終わったら急いで帰らなきゃいけなくて。野外のステージもひさしぶりやったし、前夜祭から屋台とかたくさんあってすごかったです。街中? ビル群って言うの? そこにステージが出現してる感じがびっくりした。

左からDJ 松永、R-指定。

DJ 松永 さいたま新都心って、さいたまスーパーアリーナのための駅って感じだもんね。駅からの道幅も一気に大人数が移動してもOKなくらい広いし!

R-指定 あの日は基本的にはアウェイだったと思う。通りすがりの人や子供なんかもおる中で、けっこう下品なライブをしたような気が(笑)。パフォーマンスは品行方正やったけど、MCの内容とかがな。

DJ 松永 ノリが低俗。下ネタを言う楽しみを覚えたての中学生みたいな(笑)。それで流れを作っていったかな。

──アウェイだとライブの流れを作るのは大切ですよね。

DJ 松永 そうなんです。ま、フェスのお客さんは品のないこと言ってもわりと笑ってくれますね。男性ダンスボーカルグループの現場とかで、下ネタ言ったらおしまいです(笑)。

R-指定 俺、1回それで死ぬほどスベッたんで。スベりすぎて、マイク落としましたから(笑)。イケメンがたくさん出るイベントになぜかブッキングされて、フロアに女の子いっぱいおるんですけど反応が薄くて。

DJ 松永 「手上げろ!」とか言ったら上げてくれるんだけど、全員顔は死んでましたね……。

──ライブではお客さんによってパフォーマンスを変えてるんですか?

R-指定 変えます。お客さんの表情や雰囲気を見て、コミュニケーションを取りながらやってますね。今年の「VIVA LA ROCK」もその場でフロアとの間合いを計りつつやることになると思います。そうそうたるメンツが出てきますから、一発かましてやりたい。

登場してすぐ曲から入れるようになった

──昨年の「VIVA LA ROCK」に比べて、この1年でライブパフォーマンスに変化はありましたか?

DJ 松永 去年はどこ行っても「俺らのことなんて誰も知らない」という想定でやってましたね。ドラムのビートを流しながら登場してな?

R-指定

R-指定 曲をやる前にまずはしゃべって、コミュニケーションを取るんです。丁寧に丁寧に。誤解を解くために「ヒップホップやけど、怖い人たちじゃないですよー」ってところから始めて。それがもう最近は、登場してすぐ曲から入れるようになった。

DJ 松永 何も言わずにね(笑)。いきなりイントロから入って、ラップ始めて、2曲くらいやっちゃってからMCっていうセットリストを組めるようになったんですよ。最初はとてつもない勇気が要りましたね(笑)。

──「Bowline」に出演していたときは、「クリープハイプじゃないけど、ごめんね」みたいなことを最初に言ってましたもんね。

DJ 松永 当方、ライフワークとしてエゴサーチを嗜んでるんですが、実際いたんですよ。「クリープハイプかと思ったら、Creepy Nuts……何それ?ふざけるな!」ってつぶやいてるお客さんが。

R-指定 おったな。だから余計に丁寧にやった。でも、今はもういきなりで大丈夫かな。ある程度ライブ慣れしてるお客さんが相手なら。あれ? せやけど、俺らまだフェスではその入りやってないよな?

DJ 松永 じゃあ、「ビバラ」は練らないと。

R-指定 ま、どっちで来るかは当日までのお楽しみで。

DJ 松永 俺らが日和るかどうかはね(笑)。

芯にあるものはたぶん一緒

──事前に考えながらライブをやってるんですね。

R-指定 ええ。別ジャンルの人と戦えるヒップホップアーティストでありたいんです。ヒップホップの業界でそうやって殴り込めてる人ってホンマに少ないから、若手で俺らがやれたらいいなと。迎合するわけじゃなく、バンドを従えるでもなく、ターンテーブルとマイクだけで「ヒップホップ舐めんなよ」というのを見せたい。「チェケラッチョな感じでしょ?」って思っとるお客さんには、Creepy Nutsのライブで一発食らわせたいですよね。と言いつつ、自分ら寄りのお客さんには、異色の対バンも積極的にやって「ヒップホップ以外の音楽もカッコいいやろ?」って教えたくて。

──「VIVA LA ROCK」は「未来の音楽シーンのために確かなロックを届ける」という目的を掲げてますが共感するところはありますか?

R-指定 出演してる人はそれぞれジャンルは違うけど、ライブを通して伝えたい思いはほとんど同じやないかなと。ジャンルを取っ払ったら、芯にあるものはたぶん一緒。カウンターカルチャー、たぎりみたいなことですからね。だから、「ビバラ」はアウェイであって、アウェイじゃないっていうか。去年もお客さんがノッてくれたとき、「今、ジャンル関係なくいい音楽できてんやろな」って感じたんです。

──今年2月にリリースした2ndミニアルバム「助演男優賞」はビターな味わいの曲も多いし、今までとは異なるノリがライブで生まれてそうですね。

R-指定 そうなんですよ。これまではガッツリ盛り上げるのがメインやったけど、最近はシリアスな面もかなり出すようになってて。「ビバラ」がどうなるかは、やっぱりお楽しみの1つ。持ち時間次第やなー。

DJ 松永

DJ 松永 イベントで持ち時間の1.5倍やってしまったこともあったからね(笑)。俺ら30分あっても、下手したらやるの3曲とかだよね?

R-指定 コミュニケーションを取る時間を大切にしてるからね。

DJ 松永 フリースタイルもやるから、尺が読めないんですよ。でも、最近はタイムコントロールすることをライブ中に明言してます!

R-指定 お客さんにも「今回は巻いていきます!」って先に言っといてな。

DJ 松永 途中で俺が「残り何分です!」って言いながら。

R-指定 ちゃんと時間内に終わったら、2人でハイタッチして帰るんです(笑)。

25歳以下に「恋のダウンロード」を教えたい

──前夜祭のラインナップで気になる方はいますか?

R-指定 松永さん、かなり前からBRADIO好きだよね? 俺に薦めてくるくらい。

DJ 松永 めっちゃ好きだね。「Overnight Superstar」(2014年発売のミニアルバム「Swipe Times」の収録曲)のミュージックビデオがテレビで10秒くらいだけ流れたのを観て「うわっ! カッコいい」ってなってすぐにCD買った。ずっと一緒にライブやりたいなと思ってたけど、今回ついに! でも、面識はまだないんですよ。

R-指定 フレンズはCreepy Nutsのツアーに出てくれたりもしてるし、なじみがありますね。メンバーに見た目完全にRED RICEなひろせくん(ひろせひろせ / Key)がいるんですけど、俺よりコール&レスポンスがうまいっていう(笑)。

DJ 松永 リーガルリリーも何回か競演してますね。最近は「リッケンバッカー」と「White out」はアホみたいに聴いてる。大好きです。

──前夜祭は25歳以下のオーディエンスが集まるので、独特の空気が味わえそうですね。

R-指定 俺が25歳やから、ほとんど全員年下ってことですね。

DJ 松永 ビビらずタメ口でしゃべれるね。「盛り上がっていけんのかー!」って。

左からDJ 松永、R-指定。

R-指定 若い子に合わせにいった話題とか、せえへんほうがいいな(笑)。

DJ 松永 がんばって若者に合わせにいくオジさんはイタいな。たまにそういう人いるけど、上辺感や無理してる感じに、いたたまれなくなる(笑)。

R-指定 逆に「知ってるで。LINEやろ? あの……卍やろ!?」みたいなんはどう?

DJ 松永 あ、知ったかぶり野郎を憑依させて演じるのはいいかも(笑)。

──正確に言うと、25歳以下の「auスマートパス」「うたパス」の会員1200名をご招待、ってことになってます。

DJ 松永 auユーザーじゃないと来られないんだ。

R-指定 「うたパス」って、俺らの世代やと「LISMO!」にあたるんかな?

DJ 松永 緑色のリスのやつ! 高校くらいのときか。

R-指定 そうそう。「LISMO!」のCMでflumpoolの曲とか使われてなかった?

DJ 松永 使われてたね。よく覚えてんなー。あれ? 仲間由紀恵もCMやってなかったっけ?

R-指定 それはもうちょい前じゃない? CMソングが「恋のダウンロード」やろ?

DJ 松永 そうだ!! 仲間由紀恵 with ダウンローズ!

R-指定 あったあった。そういうのを、来てる子たちに教えないとな(笑)。

DJ 松永 「お前ら、auユーザーで仲間由紀恵 with ダウンローズ知らないのヤバくね?」と。前夜祭はコレを縦軸にいこうな。

R-指定 そんなんも考えつつ、今年はフェス本編もしっかり楽しみたいと思ってます。

auスマートパス・うたパス presents 「VIVA LA ROCK 2017 前夜祭」
2017年5月2日(火)埼玉県 さいたまスーパーアリーナ CAVE STAGE
OPEN 18:00 / START 19:00 / END 22:00(予定)
出演者 Creepy Nuts(R-指定&DJ 松永) / BRADIO / フレンズ / リーガルリリー / DJライブキッズあるある中の人
25歳以下の「auスマートパス」「うたパス」会員1200名様をご招待。詳しくはコチラ
VIVA LA ROCK 2017
  • 2017年5月3日(水・祝)埼玉県 さいたまスーパーアリーナ
    OPEN 9:00 / START 10:30 / END 20:30(予定)
  • 2017年5月4日(木・祝)埼玉県 さいたまスーパーアリーナ
    OPEN 9:00 / START 10:30 / END 20:30(予定)
  • 2017年5月5日(金・祝)埼玉県 さいたまスーパーアリーナ
    OPEN 9:00 / START 10:30 / END 20:30(予定)
Creepy Nuts(R-指定 & DJ 松永)

MCバトル「ULTIMATE MC BATTLE」大阪大会で5連覇、「UMB GRAND CHAMPIONSHIP」で3連覇を成し遂げた経歴を持つ大阪出身のラッパー・R-指定と、「DMC JAPAN DJ CHAMPIONSHIPS」国内2位でTOC(Hilcrhyme)のバックDJなどでも活躍する新潟出身のDJ 松永によるユニット。観客が投げたお題でR-指定がフリースタイルを披露する“聖徳太子フリースタイル”などを織り交ぜた、観客を巻き込む形のライブパフォーマンスで人気を集めている。2016年1月に1stミニアルバム「たりないふたり」を、2017年2月に2ndミニアルバム「助演男優賞」を発表。