ナタリー PowerPush - トミタ栞

メジャーデビューも決定!「saku saku」5代目MCの素顔

テレビ神奈川が制作している大人気ローカルバラエティ番組「saku saku」。木村カエラを輩出したことでも知られる同番組の現在のMCを務めるのが、岐阜・飛騨高山出身のトミタ栞だ。そして今回、彼女が5代目MCとして番組に初登場した2012年4月から同年12月までのオンエアダイジェストを収録したDVD「saku saku Ver.9.0 / オーバーオールが止まらない」が発売された。

本作では天然キャラ全開のトミタ栞の爆弾発言の数々と、毒舌MC・白井ヴィンセントの容赦ないツッコミによる掛け合いトークを楽しむことができる。さらに彼女の故郷である岐阜・飛騨高山へのロケツアーや、「saku saku」史上初のドラマ撮影も敢行。2枚組という大ボリュームでのリリースとなった。

またトミタ栞は番組内で披露した歌声が話題になり、今夏EPICレコードジャパンから歌手としてメジャーデビューすることも決定した。ナタリーでは、そんな注目度急上昇中の彼女を直撃。番組の感想やDVDの見どころを聞きながら、その天真爛漫なキャラクターに迫った。

取材・文 / 丸澤嘉明 インタビュー撮影 / 佐藤類

 
mixiチェック

初収録のときは何がなんだかわかりませんでした

──トミタ栞さんは、どういうきっかけで芸能界に入ったんですか?

トミタ栞

小学3年生くらいから漠然とテレビの向こう側に立ってみたいと思ってはいたんですけど、その頃はただの憧れで。中学生になってオーディション雑誌の存在を知ってから実際にオーディションを受けるようになりました。それで、やっと高校3年生の夏に今の事務所に拾っていただきました。

──「saku saku」がテレビ初仕事ということですが、初収録のときのことは覚えていますか?

もうずっと緊張していて、オンエアを自分で観るまで何も覚えていなかったです。だって、打ち合わせとか何もなかったんですよ! (テレビ神奈川の)エレベーターを上がってきて「よろしくお願いします」と挨拶したら「じゃあ屋根の上に座ってください」っていう感じで突然収録が始まって。最初はリハーサルだと思っていたんですが、思いっきり本番でした。周りは知らない人ばかりだし、横の人(白井ヴィンセント)はすごい勢いで話しかけてくるし……。

──ヴィンセントに「顔が土色」とか「人間がちっちゃい」とか散々言われていましたよね。

はい。そのときはもう何がなんだかわからなくて。でも後で自分で観てみて顔色が悪かったのに気づきました。結局、番組に慣れるまでに1カ月くらいかかりましたね。私とヴィンちゃんが屋根の上でトークしてアパートのみんなと盛り上がる、という番組の構造が少しずつわかってきて、その頃から楽しめる余裕がでてきました。

──よく番組で“バカ”扱いされていますが、それすら楽しんでいるように見えます。

あはは(笑)。あんなにバカって言われたら、もうバカを隠す必要もないからある意味で楽ですね。私に対するハードルが相当下がっているみたいで、ちょっとしたクイズに正解するだけで褒められるんです。でもやっぱり悔しいし、そんなはずはない!と思いたいです……。

──これだけはみんなに負けない!という得意分野はありますか?

うーん……同級生との世間話かな。20歳前後の女の子が興味あることに関する情報だったら負けないと思います。

──例えば?

メイク用品やマニキュアのこととか。

──そりゃヴィンセントにはわからないですよ!(笑)

あはは!(笑) それだったら勝てます。

同じメンバーでまたドラマを撮りたい

──今回、DVDの特典映像でドラマに挑戦していますが、初めての演技はいかがでした?

トミタ栞

普段のスタジオ収録のときは台本がなくて今回のドラマで初めてちゃんとした台本を渡されたんですけど、すごく緊張したし、難しかったですね。なかなか台詞を覚えられなくて。でも挑戦することは好きなので楽しかったです。

──ドラマの見どころは?

たくさんありますけど、クライマックスのシーンかな。普通に考えたらありえないんですけど、「saku saku」らしいなっていう。同じメンバーでまた続編をやりたいですね。

──夢が膨らみますね。夢と言えば、ずっとやりたいと言っていた"高山ロケ"も今回実現できて。

はい! 普段神奈川でしか会わないメンバーが、私の生まれ育った高山にいることが、夢の中みたいな不思議な感覚でした。みんながスタジオを飛び出しているけどテンションは一緒なので、ゆるい感じで楽しんでもらえると思います。

最近、ペットボトルのキャップが気になるんです……

──トミタさんの趣味はなんですか?

散歩ですね。休みの日に1日中家にいることができなくて、少しでも外にでないと頭が痛くなるんです(笑)。初めての駅に行ったら周りを歩き回ったりするのが好きで、この間は銀座から新橋まで歩きました。東京に来て、駅と駅は歩けるということに気づきました(笑)。

──では最近のマイブームを教えてください。

なんやろ……。ちょっと、ずれるかもしれないんですけど、なんでペットボトルのキャップを分けて捨てるんかがすごく気になります。コンビニとかに行っても専用の回収箱があるじゃないですか? だから分別して出しているんですよ。出してはいるんですけど……。

──ああ、エコキャップ運動。確かに違和感ありますよね。

あれって、どこかに寄付してるんですよね?

──キャップを集めてワクチンを買うそうですけど、わざわざキャップじゃなくてもいいような気がします。

そうですよね!

──キャップの輸送費や団体の運営費を考えたら、普通に募金したほうが効率的だっていう話もあるみたいですよ。

えーっ! やっぱそうなんや……社会は厳しい……。

トミタ栞
DVD「saku saku Ver.9.0 / オーバーオールが止まらない」 / 2013年3月6日発売 / 4914円 / DVD2枚組 / 発売元:株式会社アミューズ / 販売元:アミューズソフト / ASBY-5472 / (c)tvk・mucom 2013
DVD2枚組「saku saku Ver.9.0 / オーバーオールが止まらない」
DISC1 収録内容
オンエア・ダイジェスト
  • 新MCトミタ栞登場
  • 屋根上トーク傑作選
  • 厳選うた集
特典映像
  • トミタ栞の地元 高山ぶらぶら歩き
  • ヴィンちゃん&栞ちゃん&ギフト☆矢野によるオーディオコメンタリー
  • 秘密の隠しコマンドVer.9.0×2
  • キャラクター紹介(静止画)
DISC2 収録内容
特典映像
  • 撮り下ろしドラマ「アンダーパスに響く悲しき銃声」
  • お蔵出し映像&NG集
  • 岐阜(市)のうた
トミタ栞(とみたしおり)

プロフィール画像

1994年生まれ。岐阜県出身のタレント。木村カエラがブレイクするきっかけとなったテレビ神奈川の人気バラエティ番組「saku saku」5代目MCに抜擢され、その天真爛漫なキャラクターで人気を博す。2013年3月に番組のDVD「saku saku Ver.9.0 / オーバーオールが止まらない」が発売され、DVD内ドラマで演技にも初挑戦した。2013年夏にEPICレコードジャパンより歌手デビューする。