「夏の魔物2017 in KAWASAKI」PR

「夏の魔物2017 in KAWASAKI」|あの濃厚フェスが関東上陸!開催直前インタビュー

フェスのために音楽やってるわけじゃない

──では最後に皆さんがやっているグループ、THE 夏の魔物についても聞かせてください。THE 夏の魔物は、去年のフェス出演時からメンバー構成もサウンドも大きく変化していますよね。

成田 はい、音に関しては全く違うものに変わりました。

大内雷電

大内 今までの俺たちは年に一度のフェスをメインに活動してたところがあったんです。その意識がこの1年で大きく変わって、今は10月の1stアルバム発売と渋谷CLUB QUATTROのワンマンライブに向けてどうするべきかを考えてる。その目的意識みたいなものが去年までとは明確に違いますね。フェスのために存在していたグループから、自分たちの音楽をやるためのグループになったというか。

成田 実は去年のフェスで俺たちのライブ、ダメだったんですよ。

──どういうことですか?

大内 内容的に悔いが残るライブをやってしまったんですよね。コンディションを整えられなかったっていうのもあって。

成田 主催とか運営ってところに意識が行きすぎて、その一番の犠牲になってしまったのが自分たちのステージだったんです。本当は逆じゃないですか。自分たちのライブのためにこの大きな場があるって思えればよかったんですけど。

──朝からずっとバタバタと動き回って、ほかの出演者のケアをしたりといった流れの中で、自分たちのステージが始まってしまったわけですね。

成田 そうですね。フェスのために音楽やってるわけじゃないのに。悔しかったです。でも逆にあの経験がなければ、今の自分たちはなかったと思う。あの失敗があったからこそ、みんなで同じ方向を向くことができたし、今のTHE 夏の魔物のサウンドを作ることができた。あれはバンドにとって必要な出来事だったんだって今は思ってます。

──では今のTHE 夏の魔物にとって「夏の魔物」というフェスはどういう位置付けなんですか?

成田 俺としては、“くるりがやってる「京都音博」”とか“氣志團がやってる「氣志團万博」”みたいな関係にしたいんですよね。

大内 うん、くるりや氣志團がフェスのためにバンドやってるわけじゃないし、俺たちもそういう意識です。

成田 今まではできなかったけど、ようやく胸を張ってそういうバンドになれたと思うんです。伝えたいことがあってやってるし、今はちゃんとやりたいっていう気持ちしかない。この前の渡辺淳之介さんとの対談(参照:THE 夏の魔物「シン・マモノボンバイエ EP」特集)でも言ったけど、とにかくロックが好きで真摯に音楽がやりたい、音楽のイベントがやりたいっていうそれだけなんです。

──アントンさんはどうですか?

アントーニオ本多

本多 私は去年の自分たちのライブに関しては一切何も覚えてないです。

全員 (笑)。

本多 その直前にキツい試合もあって、自分たちの出番の頃にはHPゼロだったんで、失敗したとか成功したとかそういう感覚もないです。でも自分の好みから言えば、あのときより今のほうが200倍ぐらいいいと思ってるんで、今年は確実に去年とはまったく違ったライブがやれると思います。

──今年のフェスのTHE 夏の魔物のステージは期待できそうですね。

成田 はい、この何カ月もずっとトライ&エラーを繰り返して、毎月バンド編成のライブをやってきたんで。今年のフェスでは絶対コケたくない。今のメンバーならできるって信じてるし、フェスに来る人たちみんなに今の俺たちを見てほしいと思ってます。

夏の魔物2017 in KAWASAKI
2017年9月10日(日)神奈川県 川崎市東扇島東公園 特設ステージ

出演者新しい学校のリーダーズ / 上坂すみれ / 有頂天 / うつみようこ / Wienners / SA / 大槻ケンヂと橘高文彦with高橋竜(Ba)、河塚篤史(Dr) / 大森靖子 / おとぼけビ~バ~ / ONIGAWARA / ガガガSP / 奇妙礼太郎 / CY8ER / ZAZEN BOYS / Sundayカミデ / スチャダラパー / 3B junior / ぜんぶ君のせいだ。/ CHAI / 戸川純 with Vampillia / DOTAMA / 中村一義 / 汝、我が民に非ズ / 二丁目の魁カミングアウト / Negicco / 般若 / BILLIE IDLE / MOROHA / ゆくえしれずつれづれ / ギターウルフ / GANG PARADE / クリトリック・リス / The Idol Formerly Known As LADYBABY / THE END(遠藤ミチロウ、ナポレオン山岸、西村雄介、関根真理) / 椎名ぴかりん / スーパー・ササダンゴ・マシン / 杉作J太郎 / SCOOBIE DO / せのしすたぁ / 曽我部恵一 / THE 夏の魔物+シン・マモノBAND(越川和磨、えらめぐみ、中畑大樹、ハジメタル) / DJピエール中野(凛として時雨) / TVBros.フェスボルタ / にゃんごすたー / 人間椅子 / ニューロティカ / PassCode / バンドTOMOVSKY / BiS / ヒトリエ / ベッド・イン / 三上寛 / Maison book girl / ゆるめるモ! / 吉田豪 / LAUGHIN' NOSE / ROLLY / ロマンポルシェ。 / 暴動(グループ魂) / RONZI(BRAHMAN) / 高野政所×倉持由香 / 週刊ファミ通 / 高田馬場ゲーセン・ミカド / バニラビーンズ / おもちエイリアン / ファイヤープロレスリング / The MANJI / 奥澤村 / さくちゃんとじぃじ / はちみつロケット / マジェスティックセブン / リーフシトロン

THE 夏の魔物「THE 夏の魔物」
2017年10月25日発売 / VAP
THE 夏の魔物「THE 夏の魔物」TYPE A

TYPE A [CD]
3240円 / VPCC-81986

Amazon.co.jp

THE 夏の魔物「THE 夏の魔物」TYPE B

TYPE B [CD]
3240円 / VPCC-81987

Amazon.co.jp

収録曲
  1. 魔物BOM-BA-YE ~魂ノ覚醒編~
    [作詞:只野菜摘、前山田健一 / 作曲:前山田健一 / 編曲:浅野尚志]
  2. 涙。
    [作詞:森雪之丞 / 作曲:玉屋2060%]
  3. 僕と君のロックンロール
    [作詞:只野菜摘、成田大致 / 作・編曲:浅野尚志]
  4. リングの魔物
    [作詞:只野菜摘 / 作曲:玉屋2060%]
  5. RNRッッッ!!!
    [作詞:只野菜摘 / 作・編曲:浅野尚志]
  6. わたし
    [作詞:高橋久美子 / 作曲:浅野尚志、成田大致 / 編曲:浅野尚志]
  7. 東京妄想フォーエバーヤング
    [作詞:山内マリコ / 作曲:曽我部恵一]
  8. バイバイトレイン
    [作詞:大槻ケンヂ / 作曲:YO-KING]
  9. SUNSET HEART ATTACK
    [作詞:アントーニオ本多 / 作曲:大隅知宇]
  10. どきめきライブ・ラリ
    [作詞:只野菜摘 / 作曲:大森靖子 / 編曲:浅野尚志]
  11. over the hill
    [作詞:アントーニオ本多 / 作曲:浅野尚志、成田大致 / 編曲:浅野尚志 / Special Thanks:THE WAYBARK]
  12. シン・魔物BOM-BA-YE ~魂ノ共鳴編~
    [作詞:只野菜摘、前山田健一 / 作曲:前山田健一 / 編曲:浅野尚志]
  13. THE 夏の魔物のテーマ
    [作詞:THE 夏の魔物 / 作曲:浅野尚志、成田大致]
THE 夏の魔物対バンツアー 全国の魔物
  • 2017年10月16日(月)千葉県 千葉LOOK ※バンド編成
  • 2017年11月9日(木)宮城県 SENDAI CLUB JUNK BOX
  • 2017年11月19日(日)北海道 SOUND CRUE
  • 2017年11月30日(木)愛知県 CLUB UPSET
  • 2017年12月1日(金)大阪府 CONPASS
  • 2017年12月8日(金)福岡県 THE Voodoo Lounge
  • 2018年1月17日(水)東京都 WWW ※バンド編成
THE 夏の魔物ワンマンライブ クアトロの魔物
  • 2017年10月26日(木)東京都 渋谷CLUB QUATTRO ※バンド編成
THE 夏の魔物(ザナツノマモノ)
THE 夏の魔物
野外フェス「夏の魔物」の主催者である成田大致を中心に2017年1月に結成。メンバーは 成田大致、泉茉里、麻宮みずほ、大内雷電、鏡るびい、アントーニオ本多の6名。同年7月にはミニアルバム「シン・マモノボンバイエ EP」を発表。10月25日に 1stフルアルバム「THE 夏の魔物」をリリースし、翌10月26日には東京・渋谷 CLUB QUATTRO でワンマンライブを実施する。