ナタリー PowerPush - スネオヘアー

ベストアルバム発売記念 誕生10周年を振り返る

スネオヘアーが生誕10周年を記念し、初のベストアルバム「ベスト」をリリースする。デビュー曲「アイボリー」から最新シングル曲「ロデオ」まで、スネオ・ポップの軌跡をたどる2枚組で、さらに初回盤には自身が特に思い入れのある楽曲を中心にしたDISC3も付属。

今回のインタビューでは、ライブではMC一切ナシだったというインディーズ時代から、奇抜なキャラを印象付けたメジャーデビュー当時、そして音楽性や活動の幅を広げてさらなるクリエイティビティを発揮している現在に至るまで、今だからこそ語れる秘話も飛び出しつつ、この10年を振り返りながら語ってもらった。どんなときでも自分の音楽を信じ、真摯に向き合ってきたスネオヘアーの思いを改めて受け止めてもらえることだろう。

取材・文/上野三樹 撮影/平沼久奈

 
mixiチェック

酒を飲まないとステージに出られなかった

──インディーズデビュー10周年をひと区切りにベスト盤をリリースするというのはやはりご自身としてこだわりがあった感じですか?

こだわりは、ないですね……(笑)。「何作か前の段階で出しておくべきだった」ってメーカーからは言われてるんです。なんか、曲が溜まりすぎちゃって。でも数年前から、インディーズ時代にお世話になった下北沢のGARAGEというライブハウスでイベントを始めたこともあって。10年で区切りがいいなというのはありました。

──どんな思いで楽曲を選んでいきましたか?

インタビュー写真

シングルばっかりになっちゃうのも面白くないなと思ったんですけど。でもやっぱり「これぞスネオヘアー」みたいなカタログにして、これまでスネオを聴いたことのない人にもこれから手をつけてもらうぐらいの形がいいんじゃないかということになって。結局シングルで外れているのは数曲ということになるんですけど、そういうところに着地しました。

──10年前を振り返ってみて、当時の自分自身と音楽性をどういう風に思い出しますか?

そうすねえ……より音楽ファンだったというか。やっぱり始めたばかりで、新しいことばかりなんですよね。ライブにしても、宅録にしても。もちろんアルバイトを中心に生活していたんですけど、アルバイトは本当に日常の金を稼ぐためだけにやっていたので、そうじゃない、休みのときに作業してたりする時間がほんとに自分の時間というか。だからほんとに楽しくやっていましたね。録音もすごく好きだし。

──カフェオレーベルにデモテープを送ったことがインディーズデビューのきっかけだったんですよね。

そうですね。

──1998年に初ライブ、そしてCDのリリースということになるんですけど。あまりライブをやらないうちから音源を発表していますよね。

(笑)なんか、ライブをやるという発想がなかったんです。要するに外に向けて発信していなくて、自分のなかで成立してた。もちろんできたものに対しては誰かに聴いてもらいたいなという気持ちが出てきたりするんですけど、何かメッセージがあってそれを伝えたいということは全然なかったです。

──MCも今とは全然違う?

MCはゼロで、もうずーっと下向いてました。ライブはお酒を飲まないと出られなかったですからね、ステージに。だから毎回へべれけで出ていく感じでしたよ。

インディーズ時代は「志ひとつ」だけ

──2000年からは「夏より」「ノーパンライフ」「冬の翼」と次々と作品を発表していますが、そのときの衝動とかがむしゃらな気持ちっていうのはどういうものだったんですか。もう曲がいっぱいできちゃうみたいな感じ?

曲、できちゃいますねえ。まあ、アルバイトもやったりやらなかったりだったんで。そうするとやることがそれしかないっていう。お金もないし、遊びにも行けないし(笑)。だからそれだけですね。ライブの回数も増えてきたりして、もっといいライブをやりたいなとか、「なんかうまくできなかった、あんまり響いてないみたいだ」って思って、「じゃあなんで響かないんだろうな?」「わかった、途中で止めて帰ったからだ!」とか「酒飲みすぎてヘロヘロすぎるからだ」とか。いろいろ考えて。

──MCをしてお客さんとコミュニケーションを取るとか以前の問題だったんですね(笑)。それでもライブをやり続けたってことですよね。

ライブハウスの店長が応援してくれてましたね。週2、3回とかブッキング入れてくれたりして。「そのわりには伸びねえな」みたいな(笑)。

──2002年にメジャーデビューをされますが、インディーズ時代はスネオヘアーにとってどういう期間だったと思いますか?

まだまだデビューしてからも引きずるんですけど、あのー……歌もヘボいし、ソングライティングの形も定まってないし。目立つところもなく「志ひとつ」っていう感じで。ゼロから始まったんで、そういう意味では、作品をコンスタントに作っていくことを覚えたりとか。あとはライブに関しても、やっぱりインディーズでの3年間があったおかげだったと思います。

ベストアルバム『ベスト』 / 2009年9月30日発売 / Epic Records

  • 初回限定盤[CD3枚組] 3500円 / ESCL-3281~83 / Amazon.co.jpへ
  • 通常盤[CD2枚組] 3200円 / ESCL-3284~85 / Amazon.co.jpへ
DISC 1
  1. アイボリー
  2. 訳も知らないで
  3. Over the River
  4. 現在位置 ~You are here~
  5. 自問自答
  6. ウグイス (album mix version)
  7. セイコウトウテイ
  8. ピント
  9. スピード
  10. 冬の翼
  11. ヒコウ
  12. ストライク
  13. 会話
  14. フォーク
DISC 2
  1. ワルツ
  2. 悲しみロックフェスティバル (album version)
  3. フューチャー
  4. headphone music
  5. スプリット
  6. ターミナル
  7. やさしいうた
  8. スカート
  9. 太陽
  10. 気まぐれな季節のせいで
  11. 言いたいことはいつも
  12. 共犯者
  13. バースデー
  14. スターマイン
  15. ロデオ
  16. ナロウカーヴ
DISC 3 (初回盤のみ)
  1. JET
  2. 打ち上げ花火
  3. The end of despair
  4. 空も忙しい
  5. ランドマーク
  6. happy end (feat. azumi)
  7. NO.1
  8. ちっぽけな感傷
スネオヘアー

アーティスト写真

1971年新潟生まれのシンガーソングライター、渡辺健二によるソロプロジェクト。1999年にカフェオレーベルからアルバム「SUN!NEO!AIR!」をリリースし、2002年5月にシングル「アイボリー」でメジャーデビュー。その後多くのヒットチューンを含むシングル、アルバムを多数リリースしている。その他、YUKI、新垣結衣、ザ・コレクターズへの楽曲提供や、U.N.O.BANDのプロデュースなどでも幅広く活躍。2009年9月には、10周年記念ベストアルバム「ベスト」をリリース。