SCANDAL「恋するユニバース」PR

SCANDAL|初の対バンツアーに立ち向かうためのラブソング

インストバンドの曲やライブを研究した「ふたり」

──もう1曲の「ふたり」もラブソング。恋することへのワクワクを描いた歌詞の内容は「恋するユニバース」とリンクする部分もありますね。

RINA そうですね。自分でもできあがったあとにストーリーがリンクしてるなって思いました。作っていた時期も違うし、そういう2曲にしようと思ってたわけではないんですけど、無意識的に今シングルとして出したいラブソングがこういうストーリーのものだったってことなんでしょうね。ただ、どっちもハッピーかつキラーなラブソングにしようっていうことは考えてましたけど。

TOMOMI(B, Vo)

TOMOMI 今までもラブソングはいくつかあったんですけど、このタイミングでその幅を広げて曲数を増やしたい気持ちもあったんですよ。結果として今回できた2曲は今まで作ってきたものとは違うものになったし、今やるべきラブソングになったなってすごく思っていて。そもそもガールズバンドは多面性を出すべきだし、しっかりとしたスタンダードを軸に持ちつつも、時代に合わせてどんどん変わっていくべきだとも思うんです。なので、年齢もある程度重ねて、いろんな経験もしてきた中で出てきた今ならではのテーマでもあるんじゃないかなって気がしますね。

──こちらは疾走感のあるストレートなロックサウンドになっていますね。イントロのギターがすごく印象的です。

RINA ああいうギターのストロークから始まる楽曲が欲しいねっていう話はずっとしていたんですよ。

MAMI(G, Vo)

MAMI うん。バッと明るいタイプの曲ではないなっていうイメージがざっくりとあったんで、ちょっと怪しげな雰囲気を出してみたりもして。ギターが歌うようにメロを弾くっていうことをやりたかったんで、インストバンドの曲を聴いたりライブを観に行ったりして研究したところもありました。もちろんうちにはボーカルがいるので、そのバランスが取れるように細かく調整しながらこだわって作っていきました。

TOMOMI この曲はテンポが速いんで、指弾きがけっこう大変でした(笑)。ライブではピックにしようかなってちょっと悩んでます。

MAMI サウンド的にはけっこうゴリゴリだからね。

TOMOMI そうそう。ひさしぶりにゴリゴリでストイックなロックチューンになりましたからね。ライブでやるのが今からすごく楽しみです。

──歌もストレートな感じですよね。

HARUNA そうですね。こっちは表現で遊ぶというよりは、自分のストレートな歌声を乗せた方がいいなと思ったんで。だからレコーディングはめちゃくちゃ早かったです(笑)。

──「キス」のところは?

HARUNA どうだったんでしょう?(笑)

MAMI いやー、こっちもまたすごくいいですよ!

RINA ごちそうさまです(笑)。

SCANDAL、鎖国終わりました

──そして、対バンツアーのことも聞かないわけにはいかないですよね。

RINA はい! めっちゃうれしいんですよ、ようやくやりたかった対バンライブをめっちゃカッコいい3バンドとできるので。今までは同じフェスに出ていたとしても、「うちらはどこか違うんだろうな」って劣等感、孤独感みたいなものに苛まれていたんですけど、いざ声をかけてみたら「SCANDALの曲、聴いてるよ!」「超面白そうじゃん!」って皆さん快く話に乗ってくださって。

MAMI 自分たちのファンの人たちにぜひ観てほしい、めちゃくちゃカッコいい音楽をやってる3組だからね。皆さんがOKしてくれたのも、きっと11年やってきている今だからこそなのかもなってすごく思います。

TOMOMI ずっと対バンはやりたかったけど、昔は仲間がまったくいなかったですからね。フェスにもお呼ばれしなかったですし、ロック系の雑誌やラジオ局にも出れなくて。だったらもう“自分たちの国”を作り上げようとワンマンライブばっかりをやってきたんですよね。

──そのSCANDALという国の門が今、いよいよ外に向けて開かれたと。

RINA 鎖国終わりました(笑)。いやでも門のカギはずっと開いてたんですけど。

MAMI そうそう。誰か門を叩いてくれないかなって、門のそば1cmくらいのところでずっと待ってた、みたいな(笑)。

RINA まあでも今振り返ると、デビュー当時はガールズバンドもほとんどいなかったし、声をかけにくいところもあったんだろうなって思いますけどね。私たち自身、ほかのバンドとは交われないんだろうなって勝手に思ってたところもあったし。そういう意味で、すっごい入りにくい門構えをしてたと言うか(笑)。

HARUNA 今回、3組に声をかけてみてわかったんですけど、みんなうちらのことをいい意味で自分たちとは別のシーンにいる存在として見てくれていたみたいなんですよ。それがわかったうえで、お互いリスペクトを持った状態で対バンできることになったので、もう楽しみしかないですよね。世代もわりと近い方々なんで、最高のライブになると思いますよ!

SCANDAL
SCANDAL「恋するユニバース」
2017年10月22日配信開始 / EPICレコードジャパン
表題曲「恋するユニバース」9月25日先行配信
SCANDAL「恋するユニバース」
収録曲
  1. 恋するユニバース
  2. ふたり
  3. キミと夜と涙(Billboard Live OSAKA 2017.08.21)
  4. 声(Billboard Live OSAKA 2017.08.21)
SCANDAL TOUR 2017「SCANDALの対バンツアー」
  • 2017年10月6日(金)東京都 Zepp Tokyo
    <出演者> SCANDAL / UNISON SQUARE GARDEN
  • 2017年10月20日(金)愛知県 Zepp Nagoya
    <出演者> SCANDAL / 04 Limited Sazabys
  • 2017年10月21日(土)大阪府 Zepp Osaka Bayside
    <出演者> SCANDAL / BLUE ENCOUNT
BEST★Xmas 2017
  • 2017年12月24日(日)東京都 赤坂BLITZ
SCANDAL(スキャンダル)
SCANDAL
2006年8月に大阪のボーカル&ダンススクールで出会ったHARUNA(Vo, G)、MAMI(G, Vo)、TOMOMI(B, Vo)、RINA(Dr, Vo)の4人で結成したガールズバンド。結成直後から大阪城公園でストリートライブを始め、キュートなルックスと力強いバンドサウンドを武器に瞬く間に人気を獲得する。2008年10月、シングル「DOLL」でメジャーデビューを果たし、2009年末に「第51回輝く!日本レコード大賞」で新人賞を受賞した。2013年3月にメンバーの念願だった大阪・大阪城ホールにてワンマンライブを開催し、2014年6月に神奈川・横浜アリーナにてガールズバンドとして23年ぶりとなる2DAYSのワンマンライブを成功に収めた。同年12月にニューアルバム「HELLO WORLD」をリリース。2015年1月からは全31公演の国内ホールツアーと、フランス、イギリス、アメリカ、香港、台湾、メキシコ、ドイツ、シンガポールといった国での初単独公演を含むワールドツアーを開催する。結成10周年記念日となる2016年8月21日には地元大阪の泉大津フェニックスで野外ワンマンライブを行い、2017年2月には10周年を記念したベストアルバム「SCANDAL」を発売した。2017年10月には初の対バンツアーを開催。さらに初の配信限定シングル「恋するユニバース」をリリースする。