音楽ナタリー PowerPush - ピロカルピン

新たな人生哲学を求めて

ピロカルピンがニューアルバム「a new philosophy」をリリースした。

メジャーレーベルを離れ、昨年末に自主レーベル「miracle oasis music」を立ち上げた彼ら。新天地からリリースされた本作のジャケットでは、これまで一貫してきた点描画のイラストも一新、空っぽの鳥かごを見つめる女性の写真が使用されている。新たな環境で彼らが鳴らす音楽とは。メンバー3人に話を聞いた。

取材・文 / 小林千絵 撮影 / 笹森健一

 
mixiチェック

早くCDを出すため自主レーベルを設立

──昨年末に自主レーベル・miracle oasis music設立を発表されましたね(参照:ピロカルピン自主レーベル「miracle oasis music」設立)。まずはレーベル設立の経緯から聞かせてください。

ピロカルピン

岡田慎二郎(G) 実はメジャーとの契約が切れてしまい、音源がリリースできない期間があったんです。でも曲は溜まっていて。僕らとしても早く出したいっていう気持ちがあったんで、体制を整えるよりも先にリリースすることを決めました。そのために自主レーベルでやるって判断をしたのが去年の秋くらい。で、昨年末に自主レーベル立ち上げの発表をしました。

──メジャーではできないことがあったから自主でやろうと決断したということではないんですね。

松木智恵子(Vo, G) そうですね。メジャーという環境に疑問を感じて離れたということではなくて、あくまでもリリースをする、作った音楽を広めるっていうことを目的に、今できるベストのことを選択した結果、自主レーベルの立ち上げに至ったということです。

岡田 探せば一緒にやってくれるレーベルはあったと思うんですけど、慌てて決めて不満を募らせてしまうのは嫌だったので、それだったらまず、自分たちがやりたいことを示して、そこから一緒にやってくれるレーベルを探したいなと。

──自分たちがやりたいこととは?

岡田 歌詞や音の使い方だったり、ちょっとしたこと……周りから見たら「そんな小さなことどうでもいいじゃないか」って思うような1つひとつを大切にしていきたいということです。

松木智恵子(Vo, G)

松木 ピロカルピンは歌詞の響きをすごく大切にしているんです。サウンドと言葉とメロディとすべてが相まってこそ表現できるものがあると思っていて、それが音楽で表現することの意味だと思うから。歌詞だけでわかりやすく伝えるものだったら音楽でやらなくてもいい、そうではなくて音楽でしか表現できないものを追求したいと思っていて。奇をてらったライブパフォーマンスをするバンドでもないですし、キャラクターで売ってるバンドでもないですし、本当に音源をずっと大切にしてきたバンドなので、そこは守りたい。そこが自主にしてひさびさにのびのびと自由にできたところです。

──今まではのびのびとできなかった部分もあった?

松木 うーん……。客観的な意見を聞くっていうことは、商品として音楽を売っていくため、万人にわかりやすいものを提供するためには重要だと思うんですけど、でもそれに対して譲れない部分だったり、「ここを聴いてほしい」「今のピロカルピンのここを見てほしい」っていう思いもあって。そこがメーカーの意見と一致しなくて苦しかったですね。

岡田慎二郎(G)

岡田 もちろん、客観的な意見を言われて、自分たちでも考えてっていうやりとりの中で成長できたと思うので、今まで時間を無駄にしてきたっていうことではまったくなくて。自主でやって、インディーズでやって、メジャーでやってきた10年間の活動のすべてが、今、集約されてるなっていう感じですね。

──じゃあ今は理想的な環境でできてる?

岡田 うーん……同じ予算の中だったら理想的な活動はできてると思うんですけど、メンバーが音楽に集中できる環境かっていうとちょっと難しいところもあって。なので、「今後は自主でどうしても自分たちでやりたいんだ」っていうスタンスではなくて、自分たちと同じベクトルでやってくれる人が見つかれば一緒にやっていきたいです。特に門戸を閉ざしてるということではないですね。

クオリティはメジャー級

──今日の取材も牧野“Q”英司さんのスタジオで行っていますが、メジャーから引き続き牧野さんがレコーディングを担当されていますね。

左から、岡田慎二郎(G)、松木智恵子(Vo, G)、牧野“Q”英司、荒内塁(Dr)。

岡田 「自主なので予算かけられなくてクオリティが低くなりました」っていうのは絶対ダメだと思って。自主だろうがメジャーだろうが、リスナーにとっては関係ないことなので。だからハイクオリティを死守しました。その結果、むしろ今までで一番いい音質のものができたんじゃないかな。

──さらに今作は牧野さんと共同プロデュースです。

岡田 メジャーの作品はずっと牧野さんと一緒にやらせてもらっていて、牧野さんと一緒にやるといい形になるっていうのがわかっていたのでお願いをしました。

松木 牧野さんだから安心してのびのびできたっていうのは大きいですね。

岡田 自分たちがやりたいことをやりつつ、メジャークオリティが保てるっていうのは牧野さんの力が大きかったかなと。

荒内塁(Dr)

──牧野さんにどんなアドバイスをもらいました?

松木 全体的にコーラスワークに関してたくさん提案をしていただいていて。特に「波の音」は後半にいくにつれてどんどん重厚になっていって、どこか違う世界にいってしまうようなコーラスになっています。

荒内塁(Dr) あと「ミステリツアー」では男性陣が「もっと悪い感じで!」と言われながら悪い感じのコーラスをしています(笑)。

ニューアルバム「a new philosophy」 / 2015年5月13日発売 / miracle oasis music
[CD] 2970円 / DQC-1489
収録曲
  1. BE FREE
  2. 箱庭の世界
  3. ワンダーワールド
  4. 南十字星
  5. 君に魔法
  6. 波の音
  7. 夢から醒めた夢
  8. ミステリーツアー
  9. 黒い雨傘
  10. 夕闇の星
  11. 夏の大三革命
  12. グッバイアクアリウム
ピロカルピン 2nd Full Album Release Tour
「見たことないフィロソフィーツアー」
2015年5月22日(金)京都府 京都MOJO
2015年5月23日(土)広島県 CAVE-BE
2015年5月24日(日)福岡県 graf
2015年5月25日(月)香川県 高松DIME
2015年6月14日(日)新潟県 CLUB RIVERST
2015年6月19日(金)青森県 青森Quarter
2015年6月20日(土)北海道 函館cocoa
2015年6月21日(日)北海道 札幌COLONY
2015年6月23日(火)宮城県 enn 2nd
2015年7月4日(土)大阪府 ROCKTOWN(※ワンマン)
2015年7月5日(日)愛知県 ell.SIZE(※ワンマン)
2015年7月10日(金)東京都 渋谷CLUB QUATTRO(※ワンマン)
「a new philosophy」発売記念ミニライブ(アコースティック)&サイン会
2015年5月23日(土)広島県 タワーレコード広島店
2015年6月13日(土)東京都 タワーレコード新宿店
ライブ情報
Gathering Neo by SPACE SHOWER MUSIC
2015年5月20日(水)東京都 CHELSEA HOTEL
SAKAE SP-RING 2015
2015年6月6日(土)、7日(日)愛知県 DIAMOND HALL / APOLLO BASE / 名古屋CLUB QUATTRO / HOLIDAY NEXT NAGOYA / RAD HALL / TIGHT ROPE / R.A.D / CLUB ROCK'N'ROLL / MIDホール / 名古屋ビジュアルアーツAIR HALL / SCHOOL OF MUSIC / and more
※ピロカルピンの出演は6日。
明治学院大学舞台技術研究会「霖'15」
2015年6月12日(金)東京都 北沢タウンホール
ピロカルピン

ピロカルピン

松木智恵子(Vo, G)、岡田慎二郎(G)、荒内塁(Dr)からなる3人組ギターロックバンド。2003年に松木と岡田が出会い、バンドの原型が誕生。2009年7月にタワーレコード限定シングル「人間進化論」とHMV限定シングル「京都」を同時発売しデビューした。2010年11月から2カ月連続でシングル「存在証明」「終焉間際のシンポジウム」を発表し、繊細な世界観とダイナミックなサウンドで話題を集める。2011年3月、3rdアルバム「宇宙のみなしご」をリリース。7月に東京・渋谷CLUB QUATTROでワンマンライブ「幻聴シンポジウム vol.1」を行い、成功を収めた。11月には初の3曲入りシングル「青い月」を発売。2012年5月にユニバーサルJよりメジャーデビュー作となるアルバム「蜃気楼」を発表した。2014年12月に自主レーベル「miracle oasis music」設立を発表し、翌2015年5月にニューアルバム「a new philosophy」をリリース。