音楽ナタリー Power Push - 究極のガールズバンドオーディション「女性上位バンザイ!」田渕ひさ子×関根史織×みこ×山中綾華

GREAT HUNTING出身バンド“紅一点”座談会

ユニバーサルミュージックの新人発掘育成セクション・GREAT HUNTINGが主催する新たなオーディション、その名も「究極のガールズバンドオーディション『女性上位バンザイ!』」。現在応募受付中のこちらは、デビューを目指す女子バンドマンをボーカル、ギター、ベース、ドラム、その他(サックス、バイオリン、パーカッションなど)とパート別に募集し、優勝したメンバー同士で新しくバンドを結成するというもの。昨今勢いのあるガールズバンドシーンに風穴を開ける存在がここから生まれるのか楽しみなところだ。

オーディション開催に際して、音楽ナタリーではGREAT HUNTINGが輩出したバンドの紅一点メンバーを集めて座談会を実施した。参加者は、2002年に解散したNUMBER GIRLより田渕ひさ子(G)、Base Ball Bearの関根史織(B)、ふぇのたすのみこ(Vo)、Mrs. GREEN APPLEの山中綾華(Dr)の4人。世代もパートもバラバラ、けれど“GREAT HUNTING出身”“紅一点”という共通点で結ばれた4人が、GREAT HUNTINGチーフプロデューサー・加茂啓太郎氏も含めて話を交わした。

取材・文 / 三宅正一(ONBU) 撮影 / 後藤壮太郎

 
mixiチェック

向井くんはGREAT HUNTINGに敵対心むき出しだった

──NUMBER GIRLが加茂さんと出会った当時の東芝EMIには、GREAT HUNTINGという部署はなかったんですよね?

田渕ひさ子

加茂啓太郎 そうなんですよ。

田渕ひさ子 そうでしたね。加茂さんが東京でNUMBER GIRLのCDを見つけてくれて、それから連絡をいただいたのが最初だったと思います。

加茂 そう。音源を聴いて一発で「このバンドはヤバい!」と思いました。当時はインターネットもなかったので、CDのジャケットに書いてあったレーベルの電話番号を頼りに連絡を取って。

田渕 田舎もんでしたから、私は。「東京の大手のレコード会社のディレクターさんから電話が来た!」って驚いたのを覚えてます。

──バンドと契約するまでは加茂さんと向井(秀徳)さんの間でやり取りしていたんですか?

加茂 そうですね。当時の向井くんは僕に敵対心をむき出しにしていて(笑)。

田渕 そうそう(笑)。「なめられんぞ!」という感じで。最初から対等の付き合いをしたかったんだと思います。

加茂 いい意味でも緊張感は最初からありましたね。

──田渕さんはどういうスタンスだったんですか?

田渕 私は無口な地味メンです(笑)。シーンとしている感じで。

加茂 物静かな人という印象は今も変わらないですね。ライブのステージ上のことやクリエイティブに関することは、ああしたい、こうしたいと意見はするんですけど、普段はすごくおとなしい。でも、目の奥には狂気が潜んでいて。

田渕 あははははは(笑)。

──ギターを持つとその狂気が解放されるという(笑)。

加茂 そうそう。

田渕 でも、加茂さんが最初にライブを観てくれたときに言った感想が「あまりに無表情でギターを弾いてるから『この子は楽しいのかな?』って思った」という(笑)。私としては気持ちを込めて演奏していたんですけど。

一同 (笑)。

デモテープを絶対に聴いてもらえるというシステムはホントにいい

──Base Ball BearとGREAT HUNTINGの出会いは以前、音楽ナタリーに掲載された堀之内(大介)くんのインタビュー(参照:GREAT HUNTING 15周年記念オーディション「BAND ON THE RUN」特集 - Base Ball Bear 堀之内大介インタビュー)で語られていましたけど、関根さんのGREAT HUNTINGおよび加茂さんの印象はどういった感じだったんですか?

左から山中綾華、関根史織。

関根史織 「加茂さんはいろんなバンドを発掘している人だ」って周りの人から聞いたり、実際に加茂さんのプロフィールを見たときにNUMBER GIRLやART-SCHOOLというバンド名が書いてあって。NUMBER GIRLは憧れのバンドだったから、今日は田渕さんとご一緒させていただいて緊張してるんです(笑)。でも、ホントに加茂さんってめっちゃアンテナの感度が鋭いすごい人なんだなって思いましたね。

加茂 なんか買ってあげようか?(笑)

一同 (笑)。

──みこさんは?

みこ 私は加茂さんのことは何も知らなかったんですけど、GREAT HUNTINGが企画しているイベント「公開デモ評議委員会」の情報をネットで見つけて。そこに自分で曲を書いて歌っているデモテープを持っていたんです。

加茂 最初はソロのシンガーソングライターとしてね。

みこ だいたいデモテープって送っても返事が来るまでに時間がかかるじゃないですか。私はその待ってる時間がとにかくヤで。でも、「公開デモ評議委員会」は審査員の方々にその場で批評していただけるので。そのときはオーディションに受かりたいというよりも、「私の曲をどう評価してもらえるんだろう?」という気持ちのほうが強かったんです。だから、いい結果が出なくても評価のコメントを聞けることが重要だったんです。それが高校2年生のときでした。

関根 確かに必ず聴いてもらえるというのはすごくいいですよね。画期的な企画だと思います。デモテープって送っても連絡が来なければ聴いてもらえたのかわからないから。あと当時、加茂さんが書いた本(「ミュージシャンになる方法」)があって、それに応募券が付いてたんですよね。その応募券を貼ってデモテープを送ると必ず感想をもらえるという。あれも画期的だなと思いました。

加茂 デモテープを送る側からしたら、暗闇に石を投げてるような感覚だと思うから。こちら側がちゃんと聴いてることを実感してもらったほうがいいなと。でも当時、フジファブリックの志村(正彦)くんがその応募券を貼ってデモテープを送ってくれたんですけど、僕は「イマイチだ」って感想を返したんですよね(笑)。

──それ、けっこう有名な話ですよね(笑)。

加茂 そうそう。

みこ

みこ でも、デモテープを絶対に聴いてもらえるというシステムはホントにいいと思います。その頃の私はホントに暇だったから、待っているのが一番苦痛だったんですよね。だから、その日はいい評価を聞けただけで満足してすぐに帰っちゃったんです(笑)。

加茂 声もいいし、かわいいし、曲もそこそこ書けていたからスルーする手はないなと思ったんですよね。でも、終わったら本人がいなかった(笑)。そのあと当時GREAT HUNTINGのスタッフだった大熊という男が追いかけていって。

みこ そう! そこで大熊さんの名刺をもらっただけで満足して、自分からは連絡しなかったんです(笑)。そしたら翌日電話がかかってきたんですよ。

加茂 そこから紆余曲折あって僕がメンバーを紹介して、ふぇのたすを結成したわけですね。

──Mrs. GREEN APPLEがGREAT HUNTINGと出会ったのは?

山中綾華 2年前ですかね。結成当初のライブに加茂さんが観に来てくださって。

加茂 僕は自分のTwitterアカウントをフォローしてくれているバンドは、一応ホームページやプロフィールをチェックするんです。で、Mrs. GREEN APPLEのホームページに飛んだら、このバンドは16歳の高校生で、ちょうどその日の夜にライブがあることがわかって。その日の夜は別件が入っていたんだけど、相手にドタキャンされてライブを観に行けたんですよ。ドリンク代込みで3000円払って、高いなとか思いながら(笑)。でも、ライブを観てやっぱり一発で感じるものがあって。

山中 加茂さんにライブ後に声をかけていただいて、ビックリしました。そのライブは結成して2回目のライブだったんです。キーボードが加わって初めてのライブでもあり。そういうタイミングで声をかけていただいたからビックリはしましたけど、これはチャンスだなと思いましたね。

オーディション情報
GREAT HUNTING Presents 究極のガールズバンドオーディション「女性上位バンザイ!」

応募条件

デビューを目指す女子ミュージシャン&ボーカリスト。ジャンルは問いません。年齢は15歳から25歳まで。

募集パート

ボーカル / ギター / ベース / ドラム / その他(サックス、バイオリン、パーカッションなど)
※ボーカルとの兼務も可

審査員

大谷ノブ彦 / 大山卓也(ナタリー) / 鹿野淳(FACT) / 田渕ひさ子 / 菅野結以

応募方法

応募者が演奏、歌唱した動画が視聴できるURLをプロフィールとともに下記の応募メールアドレスにお送りください。
greathunting-audition-entry@live.jp
件名に「女性上位バンザイ!」と記入してください。

応募締切

2015年10月31日(土)

注意事項

  • ファイナリストは11月28日(土)に都内某スタジオで行われる最終審査に参加していただきます。
  • 未成年の方は保護者の同意をお願いいたします。
  • 合格された方にはGREAT HUNTINGからご連絡いたします。合否の問い合わせはご遠慮ください。
  • お送りいただいた個人情報は本オーディション以外では使用いたしません。
  • 東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県以外に在住の方のオーディション参加のための交通費、宿泊費はご相談の上負担させていただきます。
田渕ひさ子(タブチヒサコ)
田渕ひさ子

1975年生まれ福岡県出身のギタリスト。19才でNUMBER GIRLに加入し、紅一点のギタリストとして注目される。2002年のNUMBER GIRL解散後にbloodthirsty butchersに加入。バンドやソロとして幅広い活動を展開し、現在はtoddleを中心に、LAMA、Koji Nakamura、SPANK PAGEでも活動中。2015年1月には初のソロアルバム「note wo tojite」をライブ会場と通販のみでリリースした。

関根史織(セキネシオリ)
関根史織

ロックバンド・Base Ball Bearのベース&コーラス。2001年、同じ高校に通っていた小出祐介(Vo, G)、湯浅将平(G)、堀之内大介(Dr, Cho)と学園祭に出演するためにバンドを結成。2006年4月にミニアルバム「GIRL FRIEND」でメジャーデビューを果たし、2010年1月には初の日本武道館単独公演を実施。近年は他アーティストとのコラボレーションも盛んになり、2012年に7月に発表したミニアルバム「初恋」でヒャダインや岡村靖幸と、2013年6月リリースのミニアルバム「THE CUT」では、RHYMESTERや花澤香菜と、それぞれ共演している。2015年8月から「シリーズ“三十一”」と題し、3カ月連続で“エクストリームシングル”をリリースする。

みこ
みこ

2012年夏に結成されたエレクトロポップユニット・ふぇのたすのボーカル。2013年に1stミニアルバム「2013ねん、なつ」、2014年5月に2ndミニアルバム「胸キュン'14」をインディーズでリリースし、インターネット上で話題となる。2014年には東京・WWWや渋谷CLUB QUATRROでのワンマンライブが完売。2015年2月には、ふぇのたすの世界観を元にして作られた映画「おんなのこきらい」が公開された。同年3月、ユニバーサルミュージックのZEN MUSICよりメジャーデビューミニアルバム「PS2015」を発売した。

山中綾華(ヤマナカアヤカ)
みこ

1995年東京都生まれ。5人組ロックバンド・Mrs. GREEN APPLEのドラム。バンドは2013年4月に、シンガーソングライターを目指して活動していた大森元貴(G, Vo)が中心となり、若井滉斗(G)、山中、藤澤涼架(Key)らで結成。渋谷を中心にライブを開始する。2014年10月に高野清宗(B)が加入し現在に至る。大森が作詞、作曲、編曲を手がける個性的な楽曲が注目され、2015年7月に3rdミニアルバム「Variety」でメジャーデビューを果たした。

加茂啓太郎(カモケイタロウ)

1960年生まれ、東京都出身。ユニバーサルミュージックの新人発掘セクション・GREAT HUNTINGのチーフプロデューサー。1983年に東芝EMI(現ユニバーサルミュージック)に入社。主に邦楽ディレクターを務め、1998年から新人発掘・育成を担当して現在に至る。発掘に関わった主なアーティストはウルフルズ、SUPER BUTTER DOG、ART-SCHOOL、氣志團、フジファブリック、Base Ball Bearなど。2013年8月に著書「ミュージシャンになろう!」を刊行した。