音楽ナタリー Power Push - fhána×アニメ「コメット・ルシファー」シリーズディレクター 中山敦史

作り手たちがのめり込む「コメット・ルシファー」の魅力

fhánaがニューシングル「コメットルシファー ~The Seed and the Sower~」をリリースした。

表題曲「コメットルシファー ~The Seed and the Sower~」は10月よりTOKYO MXほかでオンエアがスタートしたアニメ「コメット・ルシファー」のオープニングテーマ。このほかシングルのアニメ盤には、同アニメのイメージソングとして制作された「コスモスのように」が収められる。音楽ナタリーではシングルの発売を記念し、バンドとアニメ「コメット・ルシファー」のシリーズディレクター・中山敦史の対談を企画。アルバム発表やツアー開催を経たfhánaが「コメット・ルシファー」という作品に感じたシンパシーやバンドから中山への質問など、多岐にわたる話題が繰り広げられた。

取材・文 / 倉嶌孝彦 撮影 / 佐藤類

 
mixiチェック

「コメット・ルシファー」は王道ド真ん中

中山敦史

──アニメ「コメット・ルシファー」のシリーズディレクターである中山さんは、アニメ制作の現場でどのような作業を担っているのでしょうか?

中山敦史 ひと言で言うと“監督補佐”みたいな感じに考えていただければと思います。具体的に説明すると、各話数の進行状況や内容確認、演出さんや各メインスタッフとの打ち合わせ、音響サイドの納品、完成映像の最終納品など現場での作業を担当しています。アフレコとか音周りのディレクションもしていますね。

佐藤純一 アニメ制作の“現場監督”のようなポジションなんですね。

中山 まさしくそんな感じです。

──今回fhánaはオープニングテーマとイメージソングの2曲をアニメに提供していますが、「コメット・ルシファー」の第一印象はどういうものでしたか?

fhána

佐藤 僕は「コメット・ルシファー」って、王道ド真ん中の作品だなって思ったんです。もともとジュブナイルが大好きで、この作品の主題歌を担当させていただけると聞いてワクワクしました。

yuxuki waga 最初にいただいた資料にロボットのイラストがあって。重量感があって、どっしりした感じのデザインがすごく好きなんです。僕は昔からロボットが好きだったのもあって、すごくアニメを観るのが楽しみになりましたね。

kevin mitsunaga 僕はスタッフ一覧のページを見たときに、好きな作品ばかりを手がけた方々の名前が並んでいて。「これは面白くならないわけがないぞ」と思い、気合いが入りました。

towana 最初に「エイトビットさん初のアニメオリジナル作品です」と聞いて、そういう記念すべき作品で音楽を任せてもらえることが光栄だと思いました。すごくうれしかったですね。

音楽を大事にするアニメ

──楽曲制作に取り掛かるに当たって、アニメサイドからはどんなオーダーがあったんですか?

佐藤純一

佐藤 まず最初にイメージソング「コスモスのように」を作ったんですけど、この曲は劇伴で使うメロディを歌に発展させたもので、アニメの劇伴を担当されている加藤(達也)さんが作ったメロディの出だし部分のデモと、「静かな曲で」というオーダーをいただきました。曲の展開の中で盛り上げたくなるのをグッと抑えながら作った曲ですね。

──「コスモスのように」はサビのない、曲展開が少し特殊な印象を持ちました。

佐藤 ポップスっぽくない曲ですね。ピアノソナタみたいな感じのちょっとクラシカルな曲の雰囲気で、そこに日本語の歌詞が乗ったらいいかなと思って作ってみて。もともと僕は映画のサウンドトラックとか、ゲームミュージックも好きだったのでそっちの引き出しを使った感じです。

towana 曲全体の流れを考えたとき、あんまり抑揚を付けすぎないほうがいいかなって思ったんです。だから全編通して優しく包み込む感じを意識して歌いました。

──中山さんは楽曲の発注の段階でどう関わっていたんでしょうか?

中山 発注段階で劇伴の加藤さんと打ち合わせをしていました。ただ、fhánaさんから曲をいただいたとき「この曲にこういう歌詞が乗るんだ」とビックリしたんです。内容が作品とすごくリンクしてますし。どこかシナリオ上で使いどころが決まってるかのような仕上がりで、完成度の高い楽曲だなと思いました。

──オープニングテーマでもエンディングテーマでもない、イメージソングを用意するアニメって珍しいと思うんですが、なぜ「コメット・ルシファー」ではイメージソングを作ることに?

中山 「コメット・ルシファー」はオリジナルのアニメ作品なので、ストーリー展開を楽しむオリジナル作品の醍醐味を視聴者の方に楽しんでもらいたいという思いがあり、アニメの世界観とキャラクターイメージだけを伝えようと考えたんです。だからまだアニメの設定など多くが語られていないときに「コスモスのように」をミュージックビデオとして公開しました。

──fhánaの皆さんはこのMVを観てどう思いましたか?

kevin 背景の空気感だったり、空を飛んでいるシーンだったり。もう早くアニメの本編を観たいっていう気持ちが昂りました。ウキウキが完全に止まらなかったです。

towana 「ウキウキが完全に止まらない」って、すごい表現だね(笑)。でもその気持ちちょっとわかるかも。それに今回の「コスモスのように」はアニメのプロモーションビデオではなく「ミュージックビデオ」として公開していただいたんです。アニメのスタッフさんが音楽のことをすごく大事にしてくれてることが伝わってきてうれしかったですね。

メジャー1stシングル「TOY」2015年10月28日発売 / 日本コロムビア
初回限定盤 [CD+DVD]1944円 / COZA-1089
通常盤 [CD]1296円 / COCA-16999
アーティスト盤収録曲
  1. コメットルシファー ~The Seed and the Sower~
    [作詞:林英樹 / 作曲:佐藤純一 / 編曲:fhána]
  2. c.a.t.
    [作詞:林英樹 / 作曲:yuxuki waga / 編曲:fhána]
  3. コメットルシファー ~The Seed and the Sower~(Instrumental)
  4. c.a.t.(Instrumental)
アニメ盤収録曲
  1. コメットルシファー ~The Seed and the Sower~
  2. コスモスのように
    [作詞:林英樹 / 作曲:佐藤純一、加藤達也 / 編曲:fhána]
  3. コメットルシファー ~The Seed and the Sower~(Instrumental)
  4. コスモスのように(Instrumental)
テレビアニメ「コメット・ルシファー」 / 10月より放送開始
「コメット・ルシファー」

青く輝く鉱石ギフトジウムに覆われた惑星ギフトと、そのギフトジウムの採掘で栄える街ガーデン・インディゴを舞台に繰り広げられる少年少女の冒険譚。ガーデン・インディゴの少年ソウゴ・アマギやその仲間たちと、鉱石の中から現れた謎の少女フェリアとの出会いと、それがもたらす若者たちの成長と絆を描く。

メガホンを取るのは菊地康仁。「マクロスF」など、本格的なメカバトルと音楽を効果的に使った演出で知られる監督作とあり、巨大ロボット・ガーディアンらを巡る戦闘シーンと、ストーリーの進行にあわせてフェリア役の声優・大橋彩香が歌うエンディングテーマが変化する点も注目ポイントとなっている。

fhána(ファナ)
fhána

佐藤純一(FLEET)、yuxuki waga(s10rw)、kevin mitsunaga(Leggysalad)という3人のプロデューサーと、女性ボーカリストtowanaによる4人組ユニット。それぞれ個別に活動していた佐藤純一、yuxuki waga、kevin mitsunagaの3人が2009年に出会い、ボーカリストを固定しないユニットとして始動した。2012年秋にはゲストボーカルの1人だったtowanaが正式加入。「僕らはみんな河合荘」「ウィッチクラフトワークス」「ぎんぎつね」「有頂天家族」「天体のメソッド」といったアニメ作品でテーマソングを担当して高い評価を集めた。さらにChouChoや相沢舞のプロデュース、さよならポニーテールやDECO*27の楽曲のリミックスなども行っている。2015年2月には1stフルアルバム「Outside of Melancholy」を発表。翌3月には初のワンマンライブ「Outside of Melancholy ~憂鬱の向こう側~」を開催した。同年10月、アニメ「コメット・ルシファー」とのタイアップ曲を収めたニューシングル「コメットルシファー ~The Seed and the Sower~」をリリース。